イザナギ

キャリーのイザナギのネタバレレビュー・内容・結末

キャリー(2013年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

キャリーのオリジナル映画は未見。
リメイクもちゃんと現代劇としても見れるようにアレンジしてある。

主人公キャリーは、超能力(サイコキネシスかな?)を持っている事で引っ込み思案ではあるが、優しい子

なかなかいい具合に狂ってらっしゃるキャリー母。色々思わせぶりな発言はあるが、結局何故キャリーが超能力を持つようになったかも曖昧Me Mineなままなのが、なんかモヤモヤ

ずっとおとなしいキャリーが、終盤幸せの絶頂から奈落の底に叩き落とされ、制御不能になるくらい狂うシーンは圧巻であると同時に非常に悲しくなる。

キャリーを気遣ってくれた優しい先生まで見境なく手をかける始末。
でもこれは狂っても仕方ないよ。
そして、衝撃のクライマックス。

女の怨念の怖さを改めて感じた

関係ないけど、【絶対音感ある】と発言すると、周りは【凄い凄い。全部ドレミで聴こえるの?】とwktkしてるけど、絶対音感の持ち主は人に言えない悩みあるのかもなとふと思った。

いや、俺は絶対音感無いけどね。