masa

キャリーのmasaのレビュー・感想・評価

キャリー(2013年製作の映画)
3.3
やはり、オリジナルのシシー・スペイセク版(監督デパルマ)には、全てに置いて、足下にも及ばない。

しかし、リメイク版とはこういうものでいいのではないでしょうか✨クロエちゃんもかわいかったし、ジュリアン・ムーアが超怖い……オリジナルを下手に壊さず、なかなかリメイクとして楽しめた。

1976年にブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演で映画化されたスティーブン・キングの同名小説を、クロエで再映画化。

超能力を秘めた内気な少女キャリーが引き起こす惨劇。
地味で冴えない高校生のキャリーは、学校では笑い者にされ、家では狂信的な母親に厳しく監視され、孤独で鬱屈した日々を送っていた。
やがて、学校の人気者トミーとプロムパーティに参加することになり、母親の反対を押し切ってパーティにでかけたキャリーだったが……

オリジナル版のファンとしては、
リメイクとはオリジナルを越えてはいけないのものなのです…笑