のぼうの城の作品情報・感想・評価

「のぼうの城」に投稿された感想・評価

なお

なおの感想・評価

-
「この城、敵に回したが 間違いか」 天下統一目前の秀吉が唯一、 落とせない城があった。 驚天動地の戦いが今、始まる!

天下統一目前の豊臣秀吉は唯一残された敵、北条勢を攻めようとしていた。周囲を湖で囲まれた「浮き城」の異名をもつ「忍城」もその一つ。その忍城では、その不思議な人柄から農民たちから“のぼう様(でくのぼうの意)”と呼ばれる、成田長親が城を治める事に。迫りくる天下軍に緊迫する仲間たちを前に、長親は「北条にも、豊臣にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなあ~」と呑気なことを言って皆を唖然とさせる。天下軍を指揮する石田三成は忍城に降伏を迫る。しかし多勢に無勢、と三成軍のなめきった態度に、長親が思いもよらない言葉を発する。「戦いまする」そして、誰の目にも絶対不利な、たった500人の軍勢対2万の大軍の戦いの火ぶたが切って落とされた…!
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.4
でくのぼうを略し、のぼう様と言われ百姓から親しまれている長親。最初こそは本当に能天気なだけの人物なのかと思ったが、観ていく内に気が付いたのは人を惹きつける力が尋常ではないということ。相手が侍だろうが百姓だろうが常に体等な立場に立ち、分け隔てなく接する。それだけが理由ではないが、とにかく慕われている。観ている私も段々と惹き付けられる。又、ここぞというときに人を動かす力も持っており、その場でもやはり人を魅了する。彼を信じて戦う侍たちも頼もしい者ばかり。戦闘シーンも存外良く、楽しめた。
はまり役
yama6maya

yama6mayaの感想・評価

3.0
萬斎さんがぴったり。そして相変わらず成宮くんがイケメン。単純娯楽映画って感じ。ちょっと説明が長すぎというか、そんなに何回も言わなくても…という場面が多かった。
>|