nait

ザ・レイドのnaitのレビュー・感想・評価

ザ・レイド(2011年製作の映画)
4.0
THE RAIDの原題は急襲という意味。
コレはスゲエ。子供には見せられない残虐さではあるが、ここまでアクションに特化しているのは中々ないよ。

ストーリーが無いという評判が多いですが、いやいやそんなことは無い。要するにホラーやモンスター映画のメソッドなんですよ。
ヤバいモンスター退治しに行って、仲間が次々とやられていく中、うっすらとモンスター側の背景が見えてくるアレですよ。
敵も味方も何処かしら秘密があり、ほのめかす。
どうなるか先を読みながら見ていく楽しみがありました。
監督が良くアクション映画を熟知しているので、アクションを引き立てる演出が的確。

肉体を駆使し、いかに確実に敵を戦闘不能にするかというところにこだわり、普通なら見せないとこまで観せるからパワフルなんですね〜。人間ってここまで闘えるんだなぁと感心しきりでした。

アツイのは敵のナンバー2。こいつが人間離れした強さ。肉弾戦好きというポリシーを持っていて、銃器を使わず素手ゴロで殺る。事実上ラスボスなんだけどヤバいヤバい。
アクション映画はこういうクッソ強い敵がいなきゃダメなんですよ。

この低予算ならではの良さを持つ作品が、続編ではどうなるんだろ。不安だ・・・。