ザ・レイドの作品情報・感想・評価

「ザ・レイド」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

3.0
むかしむかし
オレが中学生だったころ、
当時はまだビデオレンタルなんてものはなく、いや それどころか ビデオデッキでさえ それほど普及してなかった。
テレビで人気映画がやれば みんな それを観た。
男子の1番人気は ジャッキー・チェンとか ブルース・リーで それがテレビで放送された翌日なんて 酔拳やってるヤツが学校に溢れかえっていた。
もちろん オレもカンフーの達人だった。
死亡遊戯に影響されて通販でヌンチャクも買ったさ。

さすがに 49歳のオレでは この映画をマネできねぇ!
いや気持ちはあるよ。
ちょびっとだけ やってみたさ。
10秒で ゼェーゼェーだ。
キレッキレのアクション
背骨

背骨の感想・評価

4.1

‪インドネシア産 超絶アクションムービー♪

マフィアを殲滅するために総本山ビルへ突入するも、逆に包囲されてしまうジャカルタSWAT。…そしてここから全編に渡って繰り広げられるノンストップサバイバルバトルが始まる。

最強格闘技「シラット」を駆使したアクションがハンパない!
『アジョシ』を彷彿させる素早く何度も突き刺すエゲツないナイフ戦闘術や確実に殺すための軍隊格闘術を盛り込んだアクションは至高。

激しく襲ってくる敵に何人もの仲間が殺され絶体絶命と思われた後半、迎える最強の敵 底無しの体力と究極の格闘スキルを誇るマッド・ドッグとの激闘。

思う存分アクションを楽しめるシンプルなストーリーがかえって心地良かった♪

このアクションの凄さは人に伝えたくなる。
今「なんか面白いアクション映画ない?」と聞かれたら、躊躇なく『ザ・レイド』と答えるでしょう…きっとあなたもそうなります。
格闘技を始める後押しになった映画!!
かっこよすぎる‼️一人で何人も倒していくのがかっこよすぎて大学では格闘技の部活に入りました‼️
懐かしの映画
ゴリゴリの濃厚格闘アクション映画
脚本とかいいからとにかくスゲェアクション観たいって人におすすめです。

ギャングや売人の棲処であるビルにSWAT部隊が乗り込み、捕まえる(ぶち殺す)という、超絶シンプルストーリー。

この映画の核となるのが"シラット"という
1000年の歴史を持つインドネシアの伝統武術です。
ボーンシリーズのマットデイモン、MIシリーズのトムクルーズ、バットマンのクリスチャンベールなど、
彼らの格闘技は様々な武術や拳法の融合ですが、そのベースがシラットです。

主人公強すぎやん!と思ってたんですがそれもそのはず、調べたら主人公の俳優はシラットの達人でした。
その主人公に劣らずクッソ強い敵キャラ「マッド・ドッグ」の存在も、面白さを引き立ててる要素でした。

地面の敵に"決め"を入れたあと、辺りを警戒する仕草を主人公がよくやるんですが、
身体を起こした状態で周囲に気を払うなど、常に多数の相手と戦うことを前提としたシラットの特徴だそうです。

1時間半で短めですが、中身は超濃厚アクションが詰まった良い映画でした。
エグい程のアクションを久々に体験した。
redhat

redhatの感想・評価

4.5
理屈抜きで脳に叩き込んでくる映画。インドネシアの俳優は有名無名に関わらずこの様な超アクションが出来るのでしょうか。アドレナリンに出てたイギリス人のハゲもたじろぐ程の勢いです。
格闘シーン本当に痛そう

長々とならない銃アクションメインの前半の方が好き
>|