ねらわれた学園の作品情報・感想・評価

「ねらわれた学園」に投稿された感想・評価

M

Mの感想・評価

4.1
映像も言葉も人もみんなが美しい世界だった。 青春。見る事に深まっていく映画。
昔原作読んだっけな~と懐かしくなって観てみたらひどい出来。ほぼオリジナルストーリーになってて、それがよく理解できない。キャラのデザインが特に女子は皆似てて魅力なく、無駄に動き過ぎのキャラのアニメ演出にはイライラするし、編集と音楽の構成が単調で飽きるし、フレアやパーティクルを多用した気持ちの悪い映像処理に辟易とし、全く良いとこ無しで、途中で鑑賞断念。
EGM

EGMの感想・評価

1.5
なんで観たんだっけ?まゆゆが案外声優していた覚えがあります。
うえ

うえの感想・評価

3.3
設定がおもしろそうだったので鑑賞。


印象としてはキャラデザが良くて絵(特に背景)が綺麗な作品。
前半はじわじわと展開していき、後半一気に畳み掛けるストーリーだが、いかんせん詰め込みすぎな感じで、ラストは少し置いてけぼりをくらった。

前半が丁寧な心理描写だったために後半雑に感じてしまった気がする。もう少し尺を長くとっても良かったんじゃないかと思いました。というか、なんで中学生という設定にしたんだろう?「ケータイを学校に持ってきて良いかどうか」という議論がメインなので生徒全員ケータイを持ってる、それなら自分的には高校生と言われた方がしっくりくるのになあ。なんてことを思ったけど、そろそろ「中学生ならケータイ持ってて当たり前」の時代になってきてるのかな。

でも、全然おもしろくなかったわけじゃなかった。再々リメイクとからしいから原作はもっとおもしろいのかな?まあ機会があれば…

あとどうでもいいけど
「京極リョウイチ」って名前かっこよすぎん!?って思いました。
yuka

yukaの感想・評価

3.3
キャラデザはかわいい。景色も綺麗。
彩度はやばいけど。色が色々しすぎやな。

言動とかはイライラするとこ多々ありすぎかなーあ
ベタベタ。萌えだのなんだのを詰め込みましたって感じ

江ノ電沿線をお散歩したくなーる

中学生とは思えんなぁ
なつきがまゆゆだったのね

話が急に進みすぎて全然分からなんだ
2016年2月23日(火)

アニメ。今風。映像美。幼馴染みの声まゆゆ、違和感なし!


旦那の名言「良作やけど俺たちには遅すぎた」
青春すぎたんすわ(;´∀`)


翌日旦那が原作あらすじ教えてくれた。めっちゃ長かった笑
KUBO

KUBOの感想・評価

3.5
アニメ映画「ねらわれた学園」の試写会に行ってきました。

「ねらわれた学園」と言えば80年代に薬師丸ひろ子主演で大ヒットした角川映画。その昔僕も見たわけで、半分はそーゆーおじさんファンも当て込んだ作品なのかな?と思ったら全然ちがってました。

まず難解! 監督は深夜アニメで京極夏彦の「魍魎の匣」とかをやっていた中村亮介で、自ら脚本も書いているのだが、よく言えば市川崑の金田一耕助シリーズみたいにフラッシュバックを多用してヒントを見せはするが、たくさんある伏線はどれも回収しないし、唐突な展開も多く、最後の最後まで「?」な感じで終わる。

何度も見てねということなのか、難解な方が名作感があるなどと考えているのか?

ああ、そう言えばAKBのまゆゆが声優デビューというのが売りだったようですが、ふつーにアニメ声なので他の声優さんたちと遜色ない演技をしておりました。

(レヴューは当時のものです)
>|