みね

LOOPER/ルーパーのみねのレビュー・感想・評価

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)
3.5
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィルス出演のSF映画。
未来からタイムマシンで送られてくる標的の処刑執行人、通称「ルーパー」のジョーともとに、ある日未来の自分が送らてきた。。。

シリアスな映画ではあるがアクション、サスペンス、SFがうまい具合に織り込まれていてSFが得意ではない私も十二分に楽しめた。少しばかりくどいカメラワークがハードボイルド感を強調している。タイムトラベル物の宿命であるが、ストーリーは割と複雑であり設定や背景などの説明もやや不十分な気がした。タイムトラベルに関しても疑問点がありすっきりしない。

ジョセフ・ゴードンがとてもかっこいい。このようなハードボイルドな役もできるのかと感心した。「ドン・ジョン」の時もそうだが、しっかりと体を鍛えているのがよい。ジョセフ・ゴードンの将来がブルース・ウィルスということが笑える。ジョセフ・ゴードンが年老いて禿げてブルース・ウィルスになっていくシーンがあるが、途中の40代の時の見た目が本当に両者の特徴を半々に盛り込まれていて面白い。