ワンダーよにだ

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~のワンダーよにだのレビュー・感想・評価

3.5
三つ星レストランを舞台にしたハートフルコメディ。

料理の才能はあるのに完璧主義的な面倒くさい性格のせいで仕事が上手くいかない主人公と、三つ星を15年も維持してきたけど最近行き詰まってきた有名シェフが出会ったら…?
というストーリー。

ジャンレノは拳銃じゃなくて包丁握ってます。
人じゃなくて野菜切ってます。


意外と面白かった!
話もわかりやすいし、料理も美味しそう!


最初はイライラする主人公も、だんだんと応援したくなる魅力があるし(だから彼女があんなに美人なのか!)、クスッと笑えてテンポも良い。
力を抜いて見るのにちょうど良い!


あと、後半に分子料理が出てきます。
まぁ、この作品では皮肉に描かれているんですけど、美味しいからね!!分子料理!!

人って、自分が味を予想できるものしか美味しそうに思わないらしい!(だから具の無いスープっていまいち見た目的に美味しそうじゃないんだよね)

テカテカに焼き上げられたお肉とか視覚的に超美味しそうなのは、味が簡単に想像できるからだよね!
確かに分子料理って見た目が意味わかんないし、絵の具とか粘土みたいだから映画とかでは本当に美味しそうに見えないんだけど、食べた時の驚きとか感動凄いから!
まじ美味しいから!

ぜひ食べれる機会があれば食べてみてね!


(´-`).。oO(あれ?なんの話だっけ?)