シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~の作品情報・感想・評価 - 140ページ目

「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」に投稿された感想・評価

HaK

HaKの感想・評価

4.0
テンポがいい。フランスのコメディ映画は初めて見たけど、クスって笑うというか、声を出して笑っちゃう場面が多かったな。
フランスのクラシックな雰囲気もありながら、やっぱり料理映画なので目にも楽しい映画でした。
asaka

asakaの感想・評価

3.4
最初から最後までニヤニヤしちゃう映画。危なげないしストーリーはわかるけど食事が美味しそうだしテンポもよい。
ジャン・レノはこういう怖いけどいい人役に説得力ある。
あの日本人に変装するくだりはフランス人にも笑いどころなのかな?
フードトラックじゃない方のシェフをDVD鑑賞(^_^)a
とにかく空気読まない料理オタク君。でも才能はとびっきり。
星とりに疲れた三ツ星シェフとのケンカ仲良しな関係が楽しいです。
きらーくに見れて、終わったあとにはホカホカと暖かな気持ちになりました。
お腹空くけど、フレンチなので明日食べよっというわけにはいかない。しかも三ツ星。
利益を先行し、質が落ちてしまうという実際のフランス料理界の事情が反映されている作品。そんな中、時代に負けまいとする料理オタクとシェフのコミカルなドタバタ劇。主人公がアマチュアのくせに料理に妥協しない姿勢がウザ楽しい。
それぞれの家族とのシーンはとてもほっこりする。フランス映画独特のテンポでまったり観るのにオススメな作品。
レミーのレストランの実写版みたい!!
のんびりほのぼのしていて、軽く楽しい映画が観たい時に良い◎
ジャン・レノが凄く恰幅が良くなっていて、ハマり役なんだけど、最初はジャン・レノ??そっくりな人??ってなるくらい分からなかった。
分子料理ってなんぞやとキョトーンとなった\(^o^)/
主役の二人の、師匠と弟子のようなケンカ友達のような不思議な関係が好きp(^_^)q
あきこ

あきこの感想・評価

3.0
日本て、ソートー馬鹿にされてるなぁ
あのシーン面白かったけど
可もなく不可もなく、リラックスして観られる作品

アスペルガー症候群とも思えるジャッキーのスゴイ記憶力、実行力に感心。

分子料理なるものを初めて知りました。絶対食べたくない(笑)

テレビの生放送のシーンは笑える。
いいなーこういうの好き
洋画ほとんど知らない頃に入門として観たけどフランス映画だったのか、今ならなんとなく納得
とても軽妙で分かりやすい、サクセス料理人ストーリー。
奇をてらう展開があるわけではないのですが、肩の力を抜いてご機嫌で観られます(๑′ᴗ‵๑)

あと、日本語字幕と邦題サブタイトルで損してる感は否めませんね…
更に吹き替えの方が分かりやすく良い仕事をしている、ちょっと残念訳が多い珍しい映画。
観る時は日本語吹き替え版がオススメです。

素朴なキャラクターが右往左往と活躍する料理ものですが、根底に流れる家族愛の描写で温かい気持ちになれます。素直な気持ちで、頭空っぽにして観るのが良いです。
主役2人組もですが、手伝ってくれる仲間(国籍バラバラなおっちゃん三人組)が大変キュート。
そして料理はもちろん、奥さんの美しさも目の保養!

ラストに向けての山場、もう一歩具体的な解決方法を、ちゃんとシーンとして見せてくれたらもっと良かったなーと。
分子料理という存在をこの映画で初めて知りましたが、すごい世界があったもんだ…(;˚᷅⌓̉˚᷄)