アイアンマン3のネタバレレビュー・内容・結末

アイアンマン32013年製作の映画)

Iron Man 3

上映日:2013年04月26日

製作国:

上映時間:131分

3.8

「アイアンマン3」に投稿されたネタバレ・内容・結末

MCU7弾!のはず、、、

アベンジャーズから1年。不眠症やパニック障害にかかってしまったよう。一方で国内にはマンダリン率いるテロ組織による爆破テロ。頭を抱えるトニー!ペッパーの元にはAIMのキリアンが接近。なんだっけ、脳を活性化して人間の底なるパワーを上昇?させる開発に協力してくれって近づくんですが、兵器運用されると思いペッパーは拒否。で、キリアンを怪しんだトニーの側近であり友でもあるハッピーが追跡したところ、見ちゃいけないものを見てハッピー重症。悩めるトニーのストレスが爆発!

あー、ギニースパルトローがかわいい。いつ見てもかわいい。
アイアンマンのアーマー開発への依存度がすごいトニー。何体?!42体!!細かく見てくと機体によって能力違ってそうですね。アベンジャーズのトラウマからアーマー開発で自分を安心させようとしてたのかな。トニースタークはあまりへこんだりするイメージがなかったので、ちょっと意外でした。結果分かっちゃいるけど、成長して一皮むけたトニーは少し大きく見えました。でも結構守られてたよね(笑)アイアンマンというよりはトニースタークが奮闘してました!トニースタークのバックグラウンドが厚くなったのでおもしろかった!!!笑っちゃうとこもあり。扉あけた目の前でアイアンマンがソファにどかって座ってたら笑うなぁ。

スカイダイビング最高だったねぇ!!クライマックスも盛り上がった、、、!ちょっと暗かったし、スピードもあったから細かいとこまで目が追いつかなかったけど(笑)

アイアンマン、一気におもしろくなった気が、、、。次も楽しみだわ
アイアンマンの中で1番好き!!!
トニーが日用品でも武器作れちゃうところが天才過ぎてすごい!!
アイアンマンのスーツなくても戦っちゃうとこかっこいい!
ハーレー君とトニーのコンビがとても良かった!
最後いっぱいアイアンマン出てきて高まった!!
なんだかしっくりこないアイアンマン単体最終作。

アベンジャーズの事件からパニック障害になってしまったトニー。そんな中テロリストに自宅を襲撃され、逃げ延びるもののアーマーも使えない状態に…。
というかなり追い詰められた状況の今作。
もちろん後々アーマーが使える状態にはなるが、それまではパニック障害を患っているにも関わらず生身のまま。発作が起きた時、頼みのアーマーに逃げ込むことも出来ない…。するとどう展開するのか…?
答えは武器を作って敵地に乗り込む!
しかも今回は一作目と違いアーマーなんて着用せず、手に持てるサイズの物をいくらか携えただけである。
この状況になる前に特にパニック障害を和らげるようなイベントもないのに、ほぼ生身で単身テロリストのアジトに乗り込んでしまう。
更に雑兵をほぼほぼ完封し目的を達成してしまう。
…いくらアイアンマンやってて武術の鍛錬やってて(?)も流石にスパイさながらの隠密行動できちゃうのは無理あるんじゃないかと思う。

そして前作正式にサイドキックとして誕生したウォーマシン。早速色塗り替えられて名前まで変えられるという…。
しかもまたも早々に敵の手に落ち、最終決戦では現場にいたにも関わらず一切戦闘に参加せず離脱。
生身の時はけっこう見せ場あったんだけどね…。彼、ローディに関してはもうアーマー着ない方が活躍できるんじゃないかと思えるレベル。以降の作品でもパッとした活躍ないし。

今作では今までもトニーのボディガードとして登場していたハッピーにも遂に見せ場があり、トニーとのやり取りも今まで以上に多い。
また、不時着した地で遭遇した少年ともトニーは心を通わせる。
…けども、この二人とのドラマもなんだか中途半端に終わった感。
一応ラストあたりで後日談的に語られてはいるけど、なんかあっさりしすぎている感がある。両者ともにトニーの行動に大きく影響を与えていたんだけども…。

他にもヒーロー2名が「殺す」という物騒な言葉をやたら使ったりするというのもどうかと…。
別にソーとかが言っても違和感ないんだけど、完結作の今回であんまり口にしてなかったような言葉を連発するから違和感ある。
などなど、腑に落ちないことがいろいろとあった今作。
ラスボスもなんだかパッとしなかったし、そのラスボスも恋人のペッパーが普通に倒しちゃうしでなんかモヤモヤする。

ストーリーの中身はアレだがやっぱりアーマー関係の部分は良い!
アベンジャーズのアーマー装着から更に発展した遠隔からのアーマー装着、更にアーマーの遠隔操作、そしてクライマックスのアイアンマン軍団と相変わらずアーマーのシーンは見所がある!
数多くの自動操縦のアーマーと共にいろんな取っ替え引っ換え装着しながら戦うシーンはテンションが上がる!そういう点では完結作に見合っていると思う。

まとめると、開始直後の新アーマー装着でテンション上げてからの長いクールタイムからのクライマックスシーンでテンション上がってからのモヤモヤ決着からのラストシーンでしんみりする作品。
アイアンマン単体作自体はやはり1がピークだったという。
アーマーや技術の進化のアイディアは凄く良いんだけど内容が追随しないのが残念…。
いろんな場所でいろんなことが起こっていて、理解するために(特に序盤は)脳がフル回転で忙しかったけど、楽しく濃密な2時間だった。
今回も、敵はテロ組織だと思いきや……だった。そして相変わらずスタークさんはかっこいい。彼と少年との触れ合いに心が温まる。ペッパーとの関係性もどんどん進展していて「あんなに遊び人だったスタークさんが…」としみじみしてしまう。
最後にブルース・バナーが出てきたのが意外で面白かった。
いや、まさかこの終わり方とはwww
最初と話も繋がってて面白い
最後の戦いの時にアイアンマンが大量に駆けつけるシーンがテンションあがった:-)
トニーは子供と接してる時が一番大人っぽくて好きなんだよねー
後やっぱり最後だけあってアイアンマンの破壊,アークリアクターを捨てるシーンにはグッとくるものが
だんだん真面目な人に。依存症でたくさんロボット作っちゃうってどんだけ凄いの?と思う。
今回の敵はみんな特に鬱陶しくて嫌だったけど、キリアンはやはり別格に嫌。
マーク42は作りすぎだろって思ったけど、最後スーツが何体も来て、戦っているのみるとそれくらい作って良かったみたい。
エクストリミスを投与されたペッパーが最後かっこよかった。
ハーレー少年は他の作品にはでるのかな。
1の最初の拉致られた時に出てきた博士が出てきて感動。
今回はラストということで少しダークをいれつつ全パワードスーツ動員で盛大になってました

ただ敵がなんとなくパッとしなかったかも…
なんていうかアイアンマンに対してああいう不思議系能力が現実味をおびないんだよね
アイアンマンってアメコミんなかではかなり現実に近いキャラなのに体の発火とか完全マンガじゃんよってとこが少し気になりました
まぁ、その他のアクションシーンは凄く発想豊かで楽しめたよ スーツが体にとんでくるとことかね
あとドンチードルどんだけ握力あんねん!
んでなんかもうどさくさに紛れてみんなスーツ来てないときでも動きが人間離れしてますけど 笑
最初から聞いてない。

シリーズが進むに連れてアイアンマンが簡単に壊されている印象
>|