アイアンマン3のネタバレレビュー・内容・結末

アイアンマン32013年製作の映画)

Iron Man 3

上映日:2013年04月26日

製作国:

上映時間:131分

3.8

「アイアンマン3」に投稿されたネタバレ・内容・結末

トニーが不安神経症って大変だ…

ペッパー最後らへんちょっと戦う姿格好良かったな

バナー博士って短気なのか…短気な人は心に余裕がないと言う事を思っておくよそう言うなら
正直ちょうど良い敵がおらんくなってた。大量のスーツが勝手に来て戦ってたのはまあアツかった。
敵との戦闘シーンが意外とあっけなかったけど、スーツ沢山出してパーティ的な面白さ感じられた。

植物学者の女性とか、キリアンの掘り下げがあんまりなかったというか色々詰め込みすぎてとっちらかった印象はあったけど、ハーレー少年がめっちゃ良かったか、それでOK

スタークの調子に乗りすぎて決まりきらない2.5枚目感はシリーズ通して描かれてたから良かったかなと思う。
沒有漫威系列電影的感覺,比較像鋼鐵人獨立番外
但還是很有趣!很喜歡最後42機一起出動的那裡,太帥了,雖然最後都炸掉了有點可惜TT
「アイアンマン」シリーズ3作目。
3部作の最終章にあたる作品。

サスペンスの様な演出とアクションが良かった。

ラストシーンのアイアンマン軍団はかっこよかった!
「マーク42」はすごい。

「スパイダーマン/ホームカミング」でピーターに言った言葉。
『スーツがなくて何もできないなら、スーツを着る資格はない』
この言葉は今作を観てよく分かった。

トニーとペッパーは本当にお似合い。
そして何より、トニーがニューヨーク決戦から気持ちが不安定になるも最後には立ち直ったところは良かった!
アイアンマン最高!トニースターク最高!やっぱりアイアンマンだなって感じがした!見ててテンション上がるよね!本当かっこいい!!飛行機から落下して行く人を全員見事に助けるシーンめちゃめちゃヒーローだったし、大統領とペッパー助けるシーンはあれだけアーマーが揃うと本当に圧倒された!
3で描かれたのはアベンジャーズ後のトニースターク。ニューヨーク決戦のことを思い出すと夜も眠れないし発作まで起きる。あんなに自信たっぷりで、余裕すら感じさせるぐらいだったトニーが。「自分は無力だった」今まで見ることのなかった彼の弱さみたいな部分が見れてよかった。でもやっぱりトニーは強いし天才。スーツなしで戦うシーンとかスーツの代わりになるものをその場で作っちゃうシーンとか、アイアンマンではなく、トニースタークの強さをすごい感じた。トニーもやっぱりアイアンマンになるべくしてなったんだなと思った。それに素直じゃないけど、トニーは本当はとても心の優しい人で、アーマーだけが彼をヒーローにしてるわけじゃない。トニー自身がまさにヒーローなんだよね。
それから今回はやっぱりペッパーとの関係がよかった!!「心に決めた人がいる」トニーからこんな言葉が聞けるなんて!!!相変わらずペッパーには迷惑かけてばかりだけど、エクストリミスにおかされるペッパーを見せられた時の彼の表情とか、ペッパーが火の中に落ちていった後の、キリアンを見る彼の目とかを見ると、本気でペッパーのことを愛してるんだなって思ったよね。ペッパーが落ちていったシーンは“I’ll catch you. I promise.”てセリフがファンタビのニュートと重なったし、状況がまさにアメスパのグウェンと一緒だったからいろんな意味で泣けた。本当にペッパー死んじゃったと思ったしね。生きててよかった。トニーといつまでもお幸せに。
“I am Ironman.”トニーがアイアンマンであるということは誰にも奪えない。アークリアクターもアーマーも捨てたトニースタークが、今後どういうアイアンマンとして活躍して行くのかとても楽しみだ。
アイアンマンシリーズの中で1番面白かった。NYの決戦から1年であほみたいにスーツ作ったり、心病んだりと、スタークの心理描写が丁寧で、ようやく好きになれた。
真のヒーローとなったアイアンマン。3部作の素晴らしいラストでした。
アベンジャーズより、このままではダメだと大量のスーツを作ってしまう。

ペッパーが助かって良かったです👍
ストーリー ★★
演技 ★★★
音楽 ★★★
撮影・デザイン ★★★★

グウィネスパルトローが冒頭からどエロいことに。本当に好き。

片手片足だけのアイアンマンの戦闘、飛行機から落ちる人を助けるシーン、最後のアイアンマン大集合などアクションシーンにアイディアが詰まっており見応えがある。

本作ではトニーが基本的にカッコ悪く描かれているからその分最後の予定調和が心地よい。

毎度ながらmarvel作品はエンドロールとその後の小ネタが良い。一番楽しみにしている。


不満点としては、単体の作品ではなくmarvel作品群に置いて本作を観ると、アイアンマンが担うべき、利己的、天才的、合理的なキャラクター(キャプテンアメリカと対をなす構造)が活きていないように感じる。
アイアンマンも3までやっていて変化球を入れてくるのは当然なのだが、軸はぶれない方が良いのではないかとは思う。
今回は派手なアクションというよりは、人間の心情を描いた作品かなという印象。
スーツを着たら強いかもしれないけど、脱いだらやはりただの人間。やっぱり異星人は怖いよね。ペッパーもトニーのこと分かってあげたいっていう雰囲気は伝わるけど、ずっと一緒にいるのは難しいだろうなって思う。
アクションについては、ペッパー超人化は個人的には良い展開だと思ったけど、ヴィランへのとどめはやっぱりトニーにして欲しかったかなって思う。ありきたりになるかもだけど。
あと、何度見ても最後のホームパーティプロトコルは最高。マーク8から41までの34体の自爆は少し切なくなりますが、ペッパーへの思いとか色んな思いが伝わる。
>|