アイアンマン3の作品情報・感想・評価

アイアンマン32013年製作の映画)

Iron Man 3

上映日:2013年04月26日

製作国:

上映時間:131分

3.8

「アイアンマン3」に投稿された感想・評価

心配性おじさんすぎるし、アイアンマン大量花火のところ声出してわらった
ゆーじ

ゆーじの感想・評価

4.3
2019年25本目

友達4人と映画館へ行ってみんながコナンを見ると言った中、1人でアイアンマン3を見た記憶が、、、
そんな思い出込みで1番好き。
sekky

sekkyの感想・評価

3.6
記録
1.2019年3月21日
フェイズ2来たよ!
フェーズ2入りましたー!

NYでの出来事でPTSDになってしまうのは、人間味やなあって。
自分家の住所言ってしまったことで、ペッパーも家も全部危機的状況に陥って、まあ自業自得やけど、やからこそそっから立て直してトニーが本物のヒーローの器になったやんとか思ったりしたり。
全ての回が抜群に面白いエピソード、という連続ドラマはなかなかありません。

なぜなら、それまでの出来事を整理して、次の展開への種をまく、つまりはこれまでの「まとめ」をする回は、どうしても気持ちが落ちるエピソードになりがちとなるからです。

マーベルシネマティック・ユニバース(MCU)を連続ドラマとしてとらえるならば、「アイアンマン3」は、連続ドラマの「まとめ」のエピソードだったと言えるでしょう。アイアンマンというシリーズが完結を迎えるのだから当然とも言えますが、MCUとしても区切りであり、トニー・スタークという人物の、今後に向けた種まきをした映画という位置づけと観ることができます。

前作の「アベンジャーズ」の一件を引きずって、パニック障害に悩むトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)。映画全体も彼の心情が影を落とし、どこか突き抜けない感があるんですよね。前作までの明るさが好きだったファンは正直戸惑うのではないでしょうか。

やがて、トニーは自分の心を持ち直し、自分とアイアンマンスーツに対する答えを見つけます。アイアンマン完結にして、後のMCUに登場するトニーという人間が生まれる姿を見ることができます。

連続ドラマはたまたま面白くない回があっても、視聴者は次回を観てくれますが、連作とはいえ一本一本が勝負の映画でトーンを落とすというのは勇気が要ること。あえてこの展開をやれるからこそ、MCUというシリーズの深みが増し、熱狂的なファンを獲得しているといえるでしょう。やっぱりMCUはトータルで観れば観るほど面白いのです。

映画一本としてはトーンが落ちる、明るいタッチが観たかったが正直なところですが、それでも面白さはキープされているのは間違いありません。

男の子ワクワクのメカいじりシーン、アイアンマンならではのスーツとんでまくりのアクション。軍需産業とテロが絡むシナリオも面白い。そしてなによりテロの首謀者役のベン・キングズレーの怪演!出演シーンは短いモノの、いやはやさすがベテラン。
Hayaki

Hayakiの感想・評価

3.9
2019年 25本目。
2回目の鑑賞。

初めて観た時はつまらんなと思ったんだけど、観直してみるとかなり好きだった。
トニーは他の作品でも弱さをよく見せるけど、悩んでる姿とかこれが一番多いんじゃないかな。そういう姿が多いからこそ人間らしくて好き。
ラストも前観た時はなんだこりゃと思ったんだけど普通に良かった。
回想シーンのハッピーがジョン・トラヴォルタ感あった。
tabbyn

tabbynの感想・評価

3.1
3作目もしっかり楽しめました🎈

娯楽として本当にスカッとします✨
びる

びるの感想・評価

3.5
AVG/EG公開に向け再鑑賞。
>|