96時間 リベンジのネタバレレビュー・内容・結末

「96時間 リベンジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

【字幕/録画視聴】
前作、主人公のブライアンが電流椅子拷問した敵の父親が同胞を連れて復讐に来ちゃった。今回はトルコを舞台に大暴れ。するのだけれど、今度はパパとママが誘拐されちゃう。そこでパパから助言をもらいながら両親のために娘が立ち上がる。それにしても免許取得前の娘に銃を撃つか運転するかを2択で迫るパパはどうなのかと笑。娘も娘で立派にカーアクション決めてアメリカ大使館へダイナミック乗り入れするし。自身が囚われたり、娘が活躍したりした分だけ前作より少しだけアクション控え目かな。最終的には前作同様パパが強過ぎる映画。やはり安心して見ていられる。
ラストシーン。バカンスを楽しむ家族に同席する娘の彼氏。
テーブルの下ではひそかにブライアンの手に握られている銃がしっかりとジェイミーに照準が合わせられているに違いない。
ジェイミー気をつけて!
一作目より大分落ちた。

大使館まで行くという薄い目的のためのカーチェイスシーン。
娘にやらせ過ぎ。そして運転上手すぎ。
そしてその間に行う犯罪の量ではない。一作目は目的に対して犯罪をもいとわない感情が納得できたが今作はあまりその辺のモラルがかけ過ぎてて同情できなくなる。

そして今作もある、敵を炙り出す方法のシーン。
これは前回同様見応えのある部分だったが、電話で助けはなかなかキツイ。笑
人質に電話させれる余裕ある警備はザル過ぎでしょと思う。そこには大分ご都合主義を感じた。

あとアクションが終始わかりにくい。カメラガチャガチャ、何が起こってるか引きのショットがないから全然わからない。これは次作でも継続された。

そしてここでも敵問題。
幹部との戦いが強敵たらしめるフリが全くないから一対一にしても盛り上がらない。

ラストのボスに決着を選ばせたのは良かったと思う。

舐めてたら最強設定は2ではその設定がなくなるのも寂しい。

あとニーアムリーソン走り方ちょっとオッサン臭くなった?
なんか運動神経悪そうでそういうのはアクションシーンみたく隠せよ!ってなった。笑
今回は娘が主人公?と感じるくらい、主人公の娘が活躍してる。

前作との違いを出そうとして、色々工夫してるんだけど、やっぱり前作の方が面白いと思った。前作は敵が「分からない」ところからスタートして、タイムリミットまでに「謎解き」をするスリルがたまらなかったんだけど、今回は敵の正体が最初から「分かっている」。だから、前作と違う方法でスリルやスピード感を演出しないといけなくなった。娘をあれだけ活躍させたのは、そのためだと思うんだけど…。なんか中途半端に終わった感じ。

前作は「96時間」がはっきりとストーリーの中でも意味を持っていたんだけど、今回はタイトルとストーリーの結びつきが強くなかった。別に「96時間」というタイトルでなくてもいいよね…と感じた。そのことも前作より「つまらなく」感じた一因かもしれない。
んー。まぁ続編だし、こんな感じかぁ…みたいな(笑)


1番ドキドキしたのは 時間測るシーンw
キムの気持ちになってまぅ。

今度は私がパパを助ける!
よく頑張りました。
ただ 手榴弾の投げる位置なw

あとマナーモードにはするな。あんな事があったんだから2コール以内で両親の電話には出るべし(笑)



最後マルコの父の逃げ方やら追い詰め方。
物足りない!!!!!

手下足りない!もっといても!w

マルコの側近(ジャージの人)もなんかチビすぎて(リーアムニーソンがでかいんだけど)なんかちょっと強くても 興ざめ…もっと同等の大きい人が良かったけど 結局ブライアンには誰も勝てないのです。(笑)


からの マルコの死に様…
ちょーぜつ不完全燃焼(´・ω・`)


とりあえずみんな無事でよかたです。w
1作目に96時間と邦題をつけたために、そのタイトル自体が映画を表現できなくなった典型的なパターン。96時間はもはや何も関係ない。怒れる父第2弾、怒れる夫第1弾でした。今回はまさか自分まで誘拐されるという展開。あんな怖いパパは誘拐なんてしたくない。もはや敵に同情してしまう。大使館に突っ込んだり、手榴弾を投げまくったり、だいぶゴリ押しだけど、娯楽映画として楽しめる。ただ前作ほどの勢いがない。最後の敵の選択は好き。復讐の連鎖を断ち切れない結末が三作目に繋がるのかな?
一昨目の設定はオッケーやけど二作目はちょっと無理やりやろ!今度は奥さん連れ去られました 笑
てか相手の理不尽っぷり無茶苦茶
息子を殺されたからってお前らが悪いやろ
今度はお父さん殺されたっていうので息子二人のリベンジ3作目があるかも 流石にないか
それにしてもオヤジのスキル相変わらずぶっ飛んでるなし榴弾の音で距離読み場所特定とかどんなやねん 笑
んで娘免許二回もおちてるのにあの運転技術なんやねんくっそうまいやん 笑
あんな風に大使館に突っ込んではいけません
てかキムってロストのシャノン役の人やってんな
親父無双第2弾

今度は、
「飛んでイスタンブール」

しかし、
「恨まないのがルール」
という訳にはいきません。

止せばいいのに、アルバニア・マフィアが復讐を開始。

リーアム・父さんと共に、嫁を拉致。
キムは若干慣れてきた?とばかりに奮闘。

怒ったリーアム・父さんは言うと、
トルコにボディ・バッグの山を量産。

そもそも人身売買に手を染めた組織なのに、逆恨みも甚だしい。
己が平安の為にまた全滅。

キム彼氏の件が一番肝を冷やす。
パパにキムが
「ジェイミーを撃たないでね笑」

全然笑えません!
締めくくりのジョークにしては手厳し過ぎます!笑

96時間のタイトルはもう関係ない。
一回見たことあるよーなないよーなでも改めて見ると興奮した!

今回特にすごいと思ったところは、手榴弾で位置把握するところ、あと一つは周りの音だけで、今どこ通っているのかがわかるところ、めちゃんこ頭良すぎ!

しかし最初らへんはキムにイライラしてきて、一回誘拐されて、人身売買までされそうになったにも関わらず、勝手な行動が多いところには少しムカつきました笑笑

しかし最後は車の免許もとれ、終わったので、安心しました!
★☆☆☆☆  作らなかった方が良かった2作目
>|