舟を編むの作品情報・感想・評価・動画配信

舟を編む2013年製作の映画)

上映日:2013年04月13日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「舟を編む」に投稿された感想・評価

ikumi

ikumiの感想・評価

5.0
2014/06/24
辞書を作るためにはこんなにも時間と手間がかかるものなんだなと思った。色々な出版社の辞書を読み比べたくなった。松田龍平がいい味出してた。
気持ちを伝えるのが苦手な馬締さんは時が経っても口数が少ないままなんだけど、一言一言にちゃんと重みが、意味が、気持ちが込められている。一瞬の出会いが、思いがけない未来をつくるってことも改めて知ることができた。
マジメさんの真面目、いや誠実な感じがとてもよかった。辞書や手描き文字、手づくりの料理…丁寧なものに目を向けたくなる。
andlove804

andlove804の感想・評価

4.5
【ひたすらに、一途に、物づくりをし続ける彼らの仕事にグッとくるのだ!】

架空の辞書『大渡海』を作る人々の仕事に惚れ惚れしてしまった作品です。

何気なく使っている辞書。ここ数年は困った時にはネットで調べている…
でも、辞書を作ることは、言葉の意味を知る以上に、多くの人に誤解がないように意味を伝えるという、ものすごい苦労があると思い知らされます。

ちなみに、この映画の中ですごく好きなシーン。松田龍平演じるマジメのところに、辞書部の皆さんがスカウトに来ます。
「右って言葉を説明できるか?」と聞かれて、馬締がその場ですごい考え、箸を持つジェスチャーをしてみたり、色々考えた挙句、「西を向いた時の北に当たる方角」と答えるシーンがあります。これが、言葉の凄さ…理解して、多くの人に伝えるって、この一言に込められているな!って思います。
不器用ながら、1冊の辞書を作り上げていく数年間と、その裏で恋をしたり大切な人を亡くしたり、いろんな経験を重ねていく。一人の人間の人生を見ているような、作品です。
AppleHead

AppleHeadの感想・評価

4.0
めちゃくちゃよかった。
恋の定義、最高!
辞書作りたくなった
辞書づくりのことなんて普段中々考えることがないのに、この映画を見たら今すぐ手にとりたくなっちゃった!沢山の人々の想いが詰まって、沢山の時間がかかってるんだなぁ(>ω<) ねおも用例採集、しちゃおっかな!
m

mの感想・評価

2.5
辞書すごっ!
>|