舟を編むの作品情報・感想・評価

舟を編む2013年製作の映画)

上映日:2013年04月13日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「舟を編む」に投稿された感想・評価

ぽにょ

ぽにょの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

静かで、ニコニコできて、泣ける。
なんといっても松田龍平がたまらんね。
ミズタクをさらにコミュ障にしたような感じの。
相手役は宮崎あおいちゃん。彼女の透明感はすごいよな。衰えなくて、ていうか増しているような・・・能年玲奈ちゃんも年を取ってあんな感じになるのだろうか。それって最高だ…
松田龍平演じる馬締みつなんたら(あだなみっちゃん)が辞書を作る話。
で、宮崎あおい演じるかぐやと結ばれて、お互いの仕事を頑張りつつ月日が経っていき、存続の危機や、担当の異動、監修者の死を乗り越えて無事に辞書が完成。ていう。
結構退屈な人は退屈、みたいなお話なのですが、キャラクターがいきいきしていたので全然そんなことはなく見れた。
オダギリジョーも最後までいい味だしてました。酔っぱらってプロポーズ、確かにダサい笑

恋文のところが名場面かな、大将に読んでもらうの恥ずかしかったよと、言葉で言って、ていうあおいちゃんかわいい~。
あと用語採集カードに恋の語釈を書くのだけど。それがすごく良くて。
成就すると、天にも昇る気持ちになる。だって。
magome

magomeの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

血潮という言葉が校閲の段階で抜けていて、それを経たから大渡海に血が通ったのかな
宮崎あおいって誰とでも会うよなぁ、、、
松田龍平の真面目な人の演技、好きです。
Ava

Avaの感想・評価

4.5
言葉って愛しいな、
丁寧に紡ぐ姿が ほんに、すてきでした。
bob

bobの感想・評価

3.9
“辞書作り”ってだけでなく、何か大切なものが詰まってる映画だった。テーマも一見退屈そうだけど、飽きずに観れるし面白い構成でした。
松田龍平はすぐ美人泣かすよね。
罪な男だ。羨ましい。違うか。へへへ。
右という言葉を説明できますか、という先生の言葉が効いた。学校などで辞書をわざわざ使わせる意味が分からなかったが、その言葉の意味を追い求めてる人も一方ではいるということにこの映画で気づかされ、”正しい日本語の意味”を知りたい時は辞書を開いてみようと思った。良い作品。
NaoyaSaito

NaoyaSaitoの感想・評価

3.0
ゆっくりと時間が流れる映画。
73

73の感想・評価

4.0
言葉は人と人とを紡ぐもの
言葉の海を渡る舟

微細な表現までちゃんと言葉として存在している日本語って素晴らしいなぁー
私は日本語を知らなすぎる

沢山の言葉を知ってるはずなのにそれを表現することができないマジメが人間くさくて良き
>|