nagashing

ハハハのnagashingのレビュー・感想・評価

ハハハ(2010年製作の映画)
3.0
ふたりの男が、同じ時間・同じ場所・同じ人たちについての回想を交互に語り合うものの、ニアミスしつづけていた彼らはそのことに気づかない、という構成はなかなかおもしろい。視点の変化によって状況の異なる一面が見えてくる、とはまったくならないところがこの監督らしい。主人公のクズ成分がかなり少なめというか、節操なく下心満載で空虚な言葉をつみかさねる男の滑稽、みたいなものが不足している点がどうもいまいち。李舜臣のシーンが夢オチじゃなければ、と思う。あきらかに鎧武者のコスプレしてるただのおっさんか、あるいはドン・キホーテ的なヤバいやつ。あのうさんくささはマジでたまんねえ。「気まずいときは食うのが一番」っていう自己言及的なモノローグで言質がとれたのはよかったです。