みずと樹とすけ

ルビー・スパークスのみずと樹とすけのネタバレレビュー・内容・結末

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

今度はちゃんと向き合えよって、願ってしまった。

自分の理想の女の子が目の前に出てきて、自分の彼女だと言う。
そんな幸せな日々を過ごして。
彼女が自分の世界を持って少し離れたら、自分の思いどおりに戻して。
自分の理想を、傀儡して。

そんなの、楽しくない。

意外な反応をするから、楽しくて。
思いどおりにならないから、振り向かせるために努力して。
だから、愛おしい。

そんなことを改めて考えさせられた作品でした。
絶対に幸せになれよって、願いました。自分のことのように。