ルビー・スパークスの作品情報・感想・評価

ルビー・スパークス2012年製作の映画)

Ruby Sparks

上映日:2012年12月15日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

「ルビー・スパークス」に投稿された感想・評価

おくと

おくとの感想・評価

4.0
ふと、他人の人生について想像してみる。
でも、いくら考えたところで、あなたは私の中のあなたでしかなくて。
誰かの創造の中の産物の私が私だとしたら?

人を思い通りにしたいってどうしても思ってしまう恋を題材にした映画
ふしん

ふしんの感想・評価

3.5
天才ではあるけれど、友人もいなく、女性経験が乏しい孤独な作家の青年が、理想の女性との恋愛小説を書いていたら、なんと現実世界に小説そのものの女性が現れる、恋愛映画。

「主人公が小説を書くにつれ、現実に現れた女性の設定も変化していく」というチートのような設定があるため、序盤では「なんて簡単な恋愛なんだ」と思いながら観ていたのですが、次第にその書き換え可能な恋愛に主人公が翻弄されてゆくのが、なんとも面白かったです。

人間づきあいって自分の思い通りにならず、不快な思いをすることもありますが、自分の思い通りにならないからこそ楽しめる場面も多々あり、ほんと不思議なものだなと思います。

また、この映画、主人公の家族が素敵だなって思いました。羨ましいです。
emu

emuの感想・評価

4.0
ポール・ダノ良い!!
あとゾーイ・カザンが終始可愛すぎて、ガン見してたら映画終わってた

しかし思いのほかルビーの言動や表情が怖くてひやひやさせられた...ホラー映画に似た恐怖感があってかなり面白かった

とても好きな作品になりました
K

Kの感想・評価

5.0
理想(妄想)が現実になってハッピーだけど暗雲が立ち込め夢物語は続かないまま終了…ではある意味無く、希望に満ちているラストで良かった🥺💖ポールダノとゾーイカザンは私生活でもパートナーらしく、ぴったりハマっている2人がなんとも自然体でキュートで観ていてふふってなります🥰
M

Mの感想・評価

3.7
記録用。
Aipon

Aiponの感想・評価

-
(記録)すごい爆発的さいごは、えっ!
misq

misqの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

途中まですごくファンタジーで、ポップで、キュートな映画、と思ってたのですが、終盤の展開を見て「あ、これは全くの他人をきちんと『他者』として受け入れて、かかわりあっていくことの大切さを説いた映画なのか」と合点がいきました。

カルヴィンには友達が本当に1人もいないようなのですが、それは元カノに指摘されている通りカルヴィンが「他人に興味がなく」かつ「他人が自分の理想とは異なることをすると極度に失望する」からでしょう。
というかそもそもカルヴィンは自分以外の人間を自分と同じ人間だとは思っていないんじゃないかという印象を受けます。

カルヴィンは最後、自分の意思できちんとルビーを「自分の理想通りのルビー」から解放します。虚しさからきた行動かもしれないけど、そこがとても偉かった。
これによりカルヴィンは初めて他人と向き合えるようになったのではないかなと思います。

なんか長々と書きましたが、単純に2人がイチャイチャしてる姿はとても幸せそうで見てるこっちも目をほころばせてしまいますし、ルビーも自由奔放で愛らしい。
カルヴィンの服はめちゃくちゃテキトーだしヨレヨレなのに(パーティーに行くのにちゃんとクリーニングに出した服を着て行ったのになんかやっぱダサいし)、ルビーのお洋服はカラフルですこぶるキュート。
でもカルヴィンも、いかにも真面目で大人しそうなところとか、挙動不審なところがなんだか妙にかわいいですよね。

どうでもいいことですが、観てるこっちとしては突然現れたルビーの存在よりママと恋人の家のほうがよっぽど非現実的で完全にジブリで面白かったです。

あとラストシーンがすごく爽やかでよかった!素敵な映画でした。
処女作で天才と評価された堅物作家の物語。
夢で見た理想の彼女が、なぜか現実に現れて書いた通りの性格になるという奇妙な物語。
建築とかファッションがとてもクールな印象。


夢みたいな能力を手に入れた主人公が、必ずしも幸せにはならないっていう流れはどことなくアバウト・タイムに通づるものがあったな。運命は、操作しようとしちゃいけないんだな、きっと。


クリエイションでなくなったルビーの顔が晴れやかで、より可愛らしく見えた。
二人の今後がただ幸せであってほしい。
>|