ルビー・スパークスの作品情報・感想・評価

ルビー・スパークス2012年製作の映画)

Ruby Sparks

上映日:2012年12月15日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

「ルビー・スパークス」に投稿された感想・評価

10

10の感想・評価

3.5
ルビーが本当に可愛かった

最初のタイトルが空に出てるのめっちゃいいな
aipon

aiponの感想・評価

-
(記録)すごい爆発的さいごは、えっ!
misq

misqの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

途中まですごくファンタジーで、ポップで、キュートな映画、と思ってたのですが、終盤の展開を見て「あ、これは全くの他人をきちんと『他者』として受け入れて、かかわりあっていくことの大切さを説いた映画なのか」と合点がいきました。

カルヴィンには友達が本当に1人もいないようなのですが、それは元カノに指摘されている通りカルヴィンが「他人に興味がなく」かつ「他人が自分の理想とは異なることをすると極度に失望する」からでしょう。
というかそもそもカルヴィンは自分以外の人間を自分と同じ人間だとは思っていないんじゃないかという印象を受けます。

カルヴィンは最後、自分の意思できちんとルビーを「自分の理想通りのルビー」から解放します。虚しさからきた行動かもしれないけど、そこがとても偉かった。
これによりカルヴィンは初めて他人と向き合えるようになったのではないかなと思います。

なんか長々と書きましたが、単純に2人がイチャイチャしてる姿はとても幸せそうで見てるこっちも目をほころばせてしまいますし、ルビーも自由奔放で愛らしい。
カルヴィンの服はめちゃくちゃテキトーだしヨレヨレなのに(パーティーに行くのにちゃんとクリーニングに出した服を着て行ったのになんかやっぱダサいし)、ルビーのお洋服はカラフルですこぶるキュート。
でもカルヴィンも、いかにも真面目で大人しそうなところとか、挙動不審なところがなんだか妙にかわいいですよね。

どうでもいいことですが、観てるこっちとしては突然現れたルビーの存在よりママと恋人の家のほうがよっぽど非現実的で完全にジブリで面白かったです。

あとラストシーンがすごく爽やかでよかった!素敵な映画でした。
処女作で天才と評価された堅物作家の物語。
夢で見た理想の彼女が、なぜか現実に現れて書いた通りの性格になるという奇妙な物語。
建築とかファッションがとてもクールな印象。


夢みたいな能力を手に入れた主人公が、必ずしも幸せにはならないっていう流れはどことなくアバウト・タイムに通づるものがあったな。運命は、操作しようとしちゃいけないんだな、きっと。


クリエイションでなくなったルビーの顔が晴れやかで、より可愛らしく見えた。
二人の今後がただ幸せであってほしい。
「自分が理想を詰め込んで書いた小説のヒロインが、目の前に実体を伴って現れてくれた」という粗筋と、キュートでポップなポスターから想像されるストーリーより、苦めの現実的な話運びで驚いた。このギャップは意図したものなのだろうか?
恋愛の相手を思うがままに操ろうとする事の罪、傲慢さに向き合った展開で誠実さを感じた。鑑賞前に予想していた理想のイチャイチャ系ラブストーリーでは無かった。
ラスト、これからの主人公は一人の「生きた人間」としてのルビーに向き合っていくことが出来るんだろうな、と思える素敵な終わりだった。
763

763の感想・評価

3.0
女の人めっちゃかわいい
これが本当の夫婦ってのがなんのも素敵
S

Sの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

恋愛仕事とうまくいかない作家の青年がセラピーの一環で理想の女性を小説にしてみたら現実に現れて恋をする話。

突然現れた理想の女性に振り回されながら自分と向き合っていく割と明るめの胸キュンラブコメかと思ってたら理想の女性と生活をしても自分が相手を認めたり変わらなければ意味がないという映画だった。

前半から中盤まで。
一発当たった作家が評価が落ちるのに恐怖を感じて次の作品が生み出せず以前の恋人ともうまくいかなくず傷つくのが怖くて前に踏み出せないところからのスタートだったり父が死んだ後の母の再婚相手を認められなかったりだとかにカルヴィンの価値観やキャラクターが出ていて良かったと思う。

前半はそんな男が理想の女性をタイプライターに打ち込み現実に現れて生活する胸キュンラブストーリーだった。

中盤から後半はルビーという理想の女性が現れたのにも関わらずすれ違いが続きルビーをその時その時の理想の女性に書き上げるもカルヴィンにとって都合の良い女性にならない現実を突きつけられるおそらく異性でも同性でも交際をした事がある人には胸の痛い展開。

ラストはルビーに創作の人物だと事実を突きつけなんとしてでも思い通りにしようとすると自分の思ったものと違うルビーとカルヴィンの書き上げた事により苦しむルビーにカルヴィン自身が苦しみルビーを解放する。(俺の解釈も混ざってます)
このシーンは演出はホラーチックだったけど人が恋人に対して持つ支配欲の怖さが現れているシーンだったと思う。

ラストはその経験を本にし作家としても人としても進んだカルヴィンがルビーそっくりな女性と出会って終わった。

新しく進んだ事を仕事の道具をタイプライターからmacbookにして画的に表したシーンが好き

前述したとおり胸キュンファンタジーかと思いきやファンタジー要素はルビーがタイプライターによって現れて書かれた通りになる事だけでそれ以外はぶっちゃけ超現実的な恋愛の障害を描いたものだった。

ただこの作品だからこそ描けた恋愛の障害だったり現実感だと思うのでその絶妙なバランスの物語の作りだったり画面の色だったりがとても良きでした。

ルビーが書かれ直しまくるシーンマジで怖かったけどね。

このレビューはネタバレを含みます

ルビー。いとしいルビー。無邪気なルビー、カルヴィンなしでは生きられないルビー、明るくて笑ってばかりのルビー、自由なルビー。


あらすじもなにも知らずに観たので、とてもわくわくしたし、彼らの日々の描き方が素敵だったな〜〜

わたしは眠るなかでみる夢を大切にしているので、単純に、創造物が現実に現れたらなんて面白いんだろうと思ったけど、そっかあ、すべてを決めてしまえるし、変えてしまえるんだもんね。
カルヴィンにはあまり共感はしなかったけど、なにより、ルビーが可愛い!


カルヴィンがルビーに「きみはぼくの創造物だ」と伝えてしまったとき、それはとても、ひどいことだと思った。彼女はきちんと過去を持っていて、出身地も、家族も、高校のクラスメートも、きちんと持っていて。それはカルヴィンが与えたものだけど、彼女はそうだとは知らないから。それを伝えてしまったら、彼女はどうやって生きていくんだろうと思った。だったらはやく、消してあげてと。
だから彼女がカルヴィンとのすべてを忘れて現れたとき、よかった、と思った。よかった。彼女は生きている。「結末は教えないで」

それにしても、最高なラストだ。


ゾーイカザンさんが脚本を書かれていると知って、びっくりしちゃった。ポールダノさんがほんとうに恋人なのもびっくりだ!すごいなあ、恋人でありながら演じているんだもんなあ...
eri

eriの感想・評価

4.3
最近見る映画見る映画高評価になりがち
でもこれもよかったー!
ただ雰囲気だけおしゃれ映画じゃなかった。
そしてただの恋愛映画じゃなかったー。
終盤怖すぎ…この男やばすぎ…
なのに、ラストシーンは胸がいっぱいになった。
現実はこんなうまくやり直せないけどね。
>|