のぞみ

レ・ミゼラブルののぞみのレビュー・感想・評価

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)
5.0
2018.16

圧巻!傑作!!名作!!!

フランス革命を題材とした映画
前編本格的なミュージカル

ミュージカルの醍醐味は歌の力!

熱く、志を持って闘う者たち【レ・ミゼラブル】

ヒュー・ジャックマン
アン・ハサウェイ
エディ・レッドメイン
アマンダ・セイフライド
ラッセル・クロウ
ヘレナ・ボナム=カーター
役者がみんな演技派でとても豪華で舞台を見てるような迫力とクオリティー

そして監督は英国王のスピーチで有名なトム・フーバー(リリーの全ても)

よくここまでのミュージカルを映画にまとめたな、と👏👏

アン・ハサウェイさんのI dreamed a dream
壮絶な人生の無念さ、震え怯えた声色や、感情表現……素晴らしい

そして、ラスト民衆の歌
すごく感動しました
熱く、強く、誇り高く
胸がいっぱいになり涙が溢れて止まりませんでした

そして、ガブローシュを演じるダニエル・ハトルストーン君、
当時13歳ながら立派な演技と歌声本当に心を打たれました
(そして自分と同級生であることを知る笑)

憎しみのために生きる中、愛することを知る
愛するとは生きる力

I dreamed, that love would never die
愛は決して滅びないんだと、私は夢に見てた

I dreamed that God would be forgiving
神様がいずれ罪を許して、夢を叶えてくださるんだと夢を見ていたの


【レ・ミゼラブルからの持論の展開】

日本もフランスもロシアもイギリスも政府と民が闘って公平な世の中ができました
革命にあたる無駄な死はありません
近年、北朝鮮問題で世間は騒いでいますが、やはり他国(アメリカ、韓国)からのある程度の干渉は必要かもしれませんが、内部反乱、立ち上がることこそが1番北朝鮮を自由にする道かもしれませんね
どの国も、誇り高く闘い発言し今の自由を手に入れているのが現状ですからね
しかしながら、穏便に願いたいです………