まこと

レ・ミゼラブルのまことのレビュー・感想・評価

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)
4.9
「戦う者の歌が聴こえるか」
劇場二回、自宅では何度目か分からないほど鑑賞。領収書をまとめながら垂れ流ししていたら、全く作業が捗らなかった。
ウチの嫁さんは観たことがなく隣でじゃがりこ食べていたんだけど、私以上に前のめりになって鑑賞しだし、二回ほど号泣していた。
分かる、分かるよ。


監督は「歌唱力と演技力を伴う俳優探しに一番神経を使った」と。
ミュージカルとしても有名な作品だからこそ、映画製作にあたって大物俳優もこぞってオーディションを受けたとか。
落ちた中にはその後「美女と野獣」で主演を果たしたエマワトソンやトップ歌手テイラースウイフトもいたというから、かなり狭き門だったのだろう。


ストーリーはもちろん、歌も俳優も皆素晴らしい。
人によって○○が好き!が分かれる映画No.1だと思う。(○○には役者が入ったりシーンが入ったり歌だったり)
私は何故だか初回鑑賞時からラッセルクロウ演じるジャベールに感情移入しすぎてしまって、もう涙腺崩壊だよチクショウ。なんでそんなに不器用なんじゃい…!
あと何といってもアンハサウェイ。
彼女がアップで二分間歌いつづけるシーンは何度観ても泣く。
やっぱ『愛』だよ、『愛』


私の2012年映画ランキング第一位。
結構低評価が多くてホントに不思議。映画の好みってのは分かれるものやなぁ、としみじみ。
まだ未見の方、ほんまに観てください。