marina

レ・ミゼラブルのmarinaのレビュー・感想・評価

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)
-
暗いし悲しい…報われない登場人物が多いなぁ。
人生の大きな目標はそれぞれだと思いました。みんなが悩んで、板挟みに合いながら生き方に関わる決断をしていくのも印象的でした。
アガペー的な愛。隣人愛って、やろうと思ってもなかなか出来ないと思うんですが、バルジャンは一度救われた後見返りを求めず困っている周囲に協力します。
それを見て、気持ちが優しくなれました。改心したバルジャンの生涯に最後は目が潤みました。
当たり前だけどキャストは歌がめちゃくちゃに上手でした。普通のセリフは殆どなくメロディーに乗せて会話します。スウィーニートッドみたいな感じかな、曲は似ててほとんど同じに聴こえてしまったけど…
後は自分は歴史の知識が全くもってないので革命などのことはよくわかりませんがその時代背景を知っていればメッセージ性も感じられるのかなと思いました。