レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

4.0

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

icalle0

icalle0の感想・評価

-
人生において、この作品に出会えたことは幸せだと思う。
その時代に生まれ、その環境に生まれ、それぞれが決して最初から最後まで世間一般の平凡で幸せな一生を送ったわけじゃない。
なんのために生きて、どうやって死ぬか。何に命を燃やしたか。信念か祈りか掲げた大義か。
誰にも、彼らの死を馬鹿にする権利なんてない。
見るたびに自分の生き方を考えさせられる。いくつになっても、何度だってこの作品をみたいと思える。きっとその度に抱く思いは違う。



映画館で二度みましたが、DVDを購入して家で見ても毎回号泣して、舞台を観にいっても泣くので、見るにはタオルの準備と勇気と水が必要です。
テラ

テラの感想・評価

4.5
歌よし、演技よし、顔よし。
天は二物も三物も与えるんですね。
グッと心を掴まれる映画で、自分も人の心を動かせるような仕事に携わりたいと心から思います。
迫力。感動。涙なくして観られない。見るに耐えないシーンもあり、演技もすばらしかった。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

5.0
ファンタビのおかげでエディが好きになって見た映画。とても素敵な映画だった。また見たい。
Makita

Makitaの感想・評価

3.9
2018年6本目(IMAX2D字幕)

圧巻。
そこまで長く感じなかった!
maru

maruの感想・評価

4.2
ヒュージャックマンとラッセルクロウの存在感が凄くて役になりきり過ぎていて圧倒されました。目を背けたくなるような内容ででもこれが歴史なんだと思いました。どうしてこんなにも上手くいかないのか、平和な世界にならないのか、これは市民側目線のストーリーで、市民側に同情するような作品だったけど、政府側を観たら考えがきっと変わるんだろうなと思いました。終盤でマリウスの仲間達が次々と撃たれていくシーンは、「自分はもうすぐ死んでしまうんだ」という恐怖が観ている私にまで伝わって凄く怖かったです。
しな

しなの感想・評価

4.0
アン・ハサウェイに惹かれて
レミゼをしっかりと観たくて
映画館に足を運んだ作品。

一緒に行った友人は中盤行く前から寝たので、
ミュージカル苦手な人にはこれはきっついかもな〜長いしな〜〜っていう感想。

友人『民衆がひたすら戦うお話だと思ってた』
違うよこれはジャン・バルジャンの一生を追う話だよ……戦うけど…そこもとても大事だけど……

元々On My Ownが好きで、
日本語版しか知らなかったのですが
びっくりするくらい泣いたし、
昨年帝劇でレミゼを観ましたがやっぱりここが一番泣いた。涙が枯れない。

何が正義で何が悪なのか
償いなんてのはエゴであって、
罪は一生消えないのか、赦されないのかわからないけど
愛する気持ちはきっと誰かの救いであり、報いであり、喜びであり、赦しであり、正義なんだとわたしは信じたい。

何回見てもマリウスてめぇ…ってなるけど、エディがすこぶるだいすきです。
正直言うと最初は退屈してしまうかと思ってしまったのですがその時の自分を殴りたいです。2度泣かされそうになりました。1人の男の人生をミュージカルの要素を取り入れることによって、比較的悲しい場面もマイルドになっているので難なく観れます。強いて言うなら全編にわたってミュージカルでの演出なのでちょっとこういうジャンルをあまり観ない僕は厳しい所もありましたがとても楽しめるいい作品でした。
Risa

Risaの感想・評価

4.5
ヒュージャックマンの演技力とアンハサウェイの儚さが良い
>|