レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

4.0

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

ShotaSuchi

ShotaSuchiの感想・評価

4.3
ジャンバルジャンと苦楽を共にする映画
gk

gkの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後のシーンで「赤い旗」がフランス国旗より上に掲げられてることに意味があると思う。

かつてバレリーナが売春されていたシーンも歴史的に完璧。

ベタ褒め
名作です。こんなにも完成した映画を観ることができて幸せです。アンハサウェイの口が大きいところも良きです。
エディレッドメイン!
tanaka

tanakaの感想・評価

3.5
希望に満ち溢れたスペクタクル・オペラ。ラストは自然と涙が流れた。圧巻。
miruko

mirukoの感想・評価

3.0
ヒュー・ジャックマンが出るので観に行ったやつ(*⁰▿⁰*)

迫力はすごいです
ただ、悲しいエピソードが多すぎて…

特に、泣きながら身を売るシーンでは、本当に本当に、悲しくて、心がギューってなりました(´・ω・`)

みんな歌上手だし、良い映画だけど…
重々しいので観るのにパワーが必要です
Gos

Gosの感想・評価

4.1
ヒュー・ジャックマンが主演のミュージカル映画です。

最近よくあるミュージカル映画とは違い会話からなにから映画の中の台詞はほとんどすべて歌になっています。自然な会話というよりかはキャラクターが語りかけてくるような感じで映画が進んでいきます。

初めて見た時は今まで見たことのない映画の形でかなり違和感があり映画が頭の中になかなか入ってきませんでしたが2回目見た時には受け入れることができたので1回目見た時とは映画がかなり違ったように見えました。

ストーリーはフランス革命後のフランスの人々の生活を主人公を中心に描かれています。重たい内容になっていますがとても奥深く素晴らしいストーリーだと思います。

衣装や建物や人々の佇まい、ストーリー内容や歌で時代背景を上手く照らし出されていたのもとても素晴らしかったです。

ガチガチのミュージカル映画なので好き嫌いは分かれるかと思いますが2回目見るとより奥深い作品になるかと思います。
ima

imaの感想・評価

3.5
意外と残酷な話。
途中でみるのしんどくなってしまった
初めて観た時100リットル泣きました。
今日も爆音上映会で100リットル泣いたので、この映画では合計200リットル泣いてます。

究極の親子愛、若者達の熱き思い、切ない恋愛が描かれたミュージカル。

壮大で圧巻な映像美。
圧倒的な力強さの歌声。
威厳すら感じる名優達の熱演。

長い人生でも、これ程の名作には滅多にめぐり逢えません。人類遺産にすべき素晴らしい映画です。
愛り

愛りの感想・評価

5.0
愛することは
神のそばにいることと
同等の意味がある。
エポニーヌの究極の愛の姿は
何度観ても涙腺にくる。
爆音映画祭で2年ぶりの鑑賞
だったけれど、
名作はやっぱり名作だった。
フランス革命。
戦争の意味。
戦った人たちがいたこと、
その時代に生きていた人たち。
映画を通して体温を感じ、
想いを馳せた。
そして今、生きている私。
私が生きている平凡な日々が
訪れるまで、何人が命を落としたのだろう、どれだけの苦労があったのだろう、たくさん考えさせられた。
そして、
過去の人たちの声を
聞くことができるのは映画。
映画の存在意義についても
改めて深く考えるきっかけになった。
>|