レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

4.0

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

ずっとずっとずっと観たいと思っててようやく見られた〜
素晴らしい映画だった😭
正義と悪、考え方ひとつでこんなにも変わってくるものなんだなぁ、と。誰が正しいとか良いとかではなくて、それぞれが信じるものに対して真っ直ぐで心打たれた。
台詞がぜんぶ歌にのってるからもうミュージカルじゃん!!ってなる。他のミュージカル映画よりミュージカル!
愛のある人でありたいなぁ、と思う。
ぴ

ぴの感想・評価

4.0
ヒュージャックマンんんん
muu

muuの感想・評価

4.1
歌が本当に素晴らしい。
歌う姿に感動する。
嘘のないミュージカルというか、本物だなぁ…
とても映画らしい映画。

映画館で観たかった。
個人的な記録として。
yukari

yukariの感想・評価

4.0
大好きなミュージカル作品の一つ。
映画館では2度鑑賞。
やっぱり アンハサウェイの美しさに魅せられる作品。
 本編中、ほとんどの台詞は歌である。まるで普通に会話でもするかのように喋っているが、全部ミュージカル風に仕上がっていて、これが他の「レ・ミゼラブル」と一線を画す点。しかも演技をしているときに、声も録音したというのだから驚かされる。ただ、映画的な効果を上げているかというとそうでないときもある。歌いながらも台詞のように話すから、感情豊かに表現はできるが、全体的にもったいぶっているのだ。溜めに溜めてて、とつとつと歌うシーンなんかは時折じれったくなる。
 だがほとんどの場面ではこの手法は成功していると言える。それは何よりも俳優たちに寄るところが大きいと思う。ジャン・バルジャンに扮するヒュー・ジャックマンは粗暴さと礼節を兼ね備え、力強い生命力を感じさせる。傲慢で自信たっぷりだが、不安定さも持ち合わせるジャベール警部はラッセル・クロウにぴったりだ。アン・ハサウェイも繊細な演技を見せ、狙いすぎだがアカデミー賞本命だろう。アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメインもそれぞれ小説から抜け出てきたかと思わせるほどの再現度だ。
 エンディングまで見たら、スタンディングオベーションをした観客の気持ちがはっきりと分かった。歌が持つパワーを改めて思い知らされたのだ。
(12年12月26日 映画館 4点)
秋

秋の感想・評価

3.5
2013/1/2
レッドメインがイケメン
mimu

mimuの感想・評価

3.8
全て素晴らしかったけど観終わった後3日間くらい引きずった。
こんな時代があったのかと思うと胸が痛む。
>|