レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

あらすじ

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

これは映画館で観てたらやばかったと思う。リバイバル上映があれば絶対行く

基本ミュージカル映画はあまり観ないけどこの映画は観てほんとよかった。

アンハサウェイやばし
愛奈

愛奈の感想・評価

4.6
“brother”こんなに重く素敵な言葉って他にあるだろうか...? 自分がどう変わり、どう世界は自分を受け入れるかを問いかけられているようで、終始考えさせられてばかりだった。歌詞の意味も一つ一つが身に染みる。こんなに“生き様”や“愛”を素敵に表現してくれている映画と久しぶりに出逢った。
2013年自分の中の助演女優賞 もアン・ハサウェイでした!
永久保存版。マリウスがコゼットを一目見て恋に落ちる瞬間とか。
ぽ

ぽの感想・評価

4.0
感動した
栞

栞の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

さすがにめちゃくちゃ長いけど、飽きさせない展開で中だるむひまなく進んだ。
メモする暇もないほどに惹き込まれたしラストに泣いた。

曲がいいっていうか、オケがいい。
金管の高らかな響きが胸にくる。
歌詞も(ほぼセリフだけど)日本語訳が秀逸だから考えさせられるものばかりだった。星が見守ってる、とか美しい。
あと民衆の歌が初めて歌われる前のみんなの集まりの時の歌も、民衆の歌の調にどんどん合っていく感じが鳥肌だった。

歌ってる人当たり前にみんな上手すぎな。
ジェベールの声が良すぎてぶっ倒れるとこだった。
あとファンティーヌの悲しみと憎しみの涙の顔ほんとにすごい。歌唱力もえぐいのに表情でもばしばし伝えてくるから殴られてるみたいな衝撃だった。プラダ見た後だからもう圧倒がすごい。こんな歌えるの天才すぎる………。

ガブローシュにやられた。小さくても頑張ってて、それでも撃たれて、けど最後のシーンでは前みたいににこにこで。あー救われたって思った。死んでる顔上手すぎ。

(展開に文句つけるのは違うけど、結局本気で革命一途に見てた他の仲間は皆死に、少しでも恋に浮かれたマリウスが恋した女の育て役にひとり助けられたのはなんかなあ、と思った。結局特別扱いされたから生き残れて、恋する女と結婚して。なんかなあ。うん。みたいな。)

それぞれみんな正義があって、そのそれぞれに間違いはなくて。妹のために窃盗したジョンも、窃盗したジョンを逮捕してた警察も、仮釈放で再度窃盗したジョンを助けた司祭も、釈放届けを破り新たな人間になった市長も、追い続けたジェベールも、ジェベールを助けたジョンも。一目惚れした2人も、エポリーヌが手紙を持っていたのも、エポリーヌがマリウスの為に死んだのも。国民のために戦おうとした学生も、寝静まっていた国民も、それを弾圧しに来た警察も。「正義」のベクトルは色んな方向に向いてるから、正解も不正解もないよね。
けど確かにみんな自分や他人と戦っていたし、そこには自分の意思があって、強くてキラキラしていたと思う。辛くても泥臭くてもなんか「自分の芯」が確立されてて、平和な現状のままふらふらしている自分へなにかが刺さったきがするな。
テーマの「民衆の歌」
革命し出す時にみんな歌ってたから、革命という意味においての戦いなんだろうな、という感じで、あまり意味とか考えてなかった。けどそうじゃない。
この映画に出てくるみんなが何かと戦って得たり失ったりしてる。その重みが、最後のみんなのシーンでガツンときてボロボロ泣いた。革命だけが戦いじゃなくて、みんなも、私も、戦ってるんだなと。だから民衆の歌ってより人類の歌だなって思った。
MakiTakada

MakiTakadaの感想・評価

5.0
好き!!!悲しい!!
ゲイズ

ゲイズの感想・評価

3.4
長くて退屈なところもあるけどまとまってる映画。ヒュージャックマンはまあ、ラッセルクロウはんー、アンハサウェイかわいい。
natsuki

natsukiの感想・評価

3.9
あえて何も言いたくない気分になる
良い映画だった。
もう一度見て、感想を改めて描きたい。
今そんな気持ちになるような映画であった。


もう一度見よう。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

4.0
ジャンバルジャーン
>|