レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

あらすじ

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

あべ

あべの感想・評価

4.8
こういうのを劇場で観たい映画っていうんだろうな
全シーン胸熱でした
めちゃくちゃ泣いた。音楽がとても素晴らしいし映像も綺麗。ワンデイモアがめっちゃ好き。素晴らしいミュージカル映画。
あゝ無情の原作を読んだ側からするとだいぶ端折っている感はありますが、感動します。
ut

utの感想・評価

4.5
フランスが誇る大河小説を原作にブロードウェイでロングラン上演されるミュージカル作品の実写映画。市井の人々が貧しさに苦しめられる革命前夜のフランスを舞台に、一片のパンを盗んだ罪で19年に渡る監獄生活を送ったジャン・ヴァルジャンが、出所後に司教より受けた慈悲により改心し、名前を変えて正しい生活を送りながらも、生涯に渡って消えぬ罪人の烙印に苦しめられる様を描きます。

海外の古典作品の中でも大好きなレ・ミゼラブルの実写映画で、本作も素晴らしい出来映えで何度も繰り返し鑑賞するお気に入り作品です。ミュージカル作品はともすれば現実味を損なってしまうこともありますが、本作における登場人物の激情は歌うに足るものであるため全く違和感を感じることがありません。

特にクライマックスとなる合唱は圧巻で、過ちを犯すもそれを繰り返さぬという信念、他人から受けた恩恵を他人へ受け継ぐことで生まれる正の連鎖、様々な積み重なる理不尽をはねのけるパワーなどが集約され、時代のうねりを作り出していく様に強く心動かされてしまうのです。
すえの

すえのの感想・評価

2.5
自分がミュージカル向きでないことがわかった映画
askt

asktの感想・評価

4.4
ラストにしびれた!!
この感覚、やばいです!!

なんて言い表したら良いのか、、
音楽も俳優も凄く良くて
(俳優の力絶大、味のある人ばかり)

正直言って内容も重いので
観るのにすっごい疲れたんですけど
(吐きそうなくらい)
なんとも言えない
人生、逃げられない苦しみ、愛
生きることそのもの
この人生があっての誰かの今がある

人間の弱さと
力強いエネルギー
メッセージ性
こんなに考えさせられる映画を観たのが
久々すぎて始まりから終わりへの
持っていき方も素晴らしすぎて

人が亡くなる映画はあまりすきではないのに、悲しいのに誇りにさえ思う
また観たいような、何回もは無理な名作
(※元気すぎる、または病んでいるときには気持ち的に観れない作品)
舞台後に鑑賞。
舞台は正直サッパリ分からなかったのだが、映画を見て、話がわかる!!こういう話だったのか面白いいいっとなった。

みんな歌ちからがすごすぎるが特にアンハサウェイ神がかってる。舞台で生で見るのと引けを取らない俳優たちの歌、訳がわからない…。顔ちからもあると思うが。

舞台です!っていう止め絵風のところと、映画でしかできないCGバリバリのハッタリ効いたシーンとどっちも味わえて、舞台の映画化の方法として一番いいな!と思った。
>|