レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

ぽにょ

ぽにょの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

レミゼラブルみた!!!
うん、非常にミュージカルっぽいミュージカルだった。よかった。
エポニーヌが一番いい女説。
エポニーヌが死んじゃうところが一泣で(だってあまりに健気で)、あとはジャンバルジャンが死んじゃって、
これまでの死んじゃった人たちがでてきて歌うところでボロボロ泣いた。(エポニーヌと子どもがとくにやばい)
音楽がやっぱ、よい。
コゼットはどこまでも神に愛された子で、ファンテーヌはその愛でコゼットを守ったんだなぁ、と。
ジュベールが死んでしまうところ、なんとなくそんな気はしていたけど、そこが一番ミュージカルだった。
パン一つ、でもそこから罪を重ねて、それを慈悲を受けたことによって、大きな愛に生きるようになった、話。だよね、ざっくり。
うまくかけないなぁ…
箇条書きすると
・髪の毛かられるところ、峯岸さんを思い出したのわたしだけじゃないはずだ,あと昔はよかったわーのとこ悲しくなった
・レイン、のとこ、アイラブヒム、いちばんぐっとくる
・男の子にジュベールが勲章をつけてあげるところ泣けた
・一目で愛し合うところ、とてもミュージカル
・市長になれるのすげえポテンシャル
・ジャンバルジャンのお金はどこから
・宿屋の夫婦の性格のわるさ、でもなんだか憎めない感じ
・革命のところ全部切ない。市民助けたって
・やっぱラストにつきるなぁ。いい映像と曲。
Dao

Daoの感想・評価

2.8
コゼット可愛い。最後のシーン印象的。
こーた

こーたの感想・評価

4.0
そういえばちゃんと観たことがなかったので鑑賞。

一人の奴隷が復讐心で生きる中から愛を学び、関わる人に愛を捧げながら生きる物語。

愛は世界は救えないけど目の前の人は救えるんやでと。
りゅ

りゅの感想・評価

-
はなまる!
N

Nの感想・評価

4.0
ようやく見た!
アマンダセイフライドに、アンハサウェイ、ヒュージャックマンに、ファンタスティックビースト!←名前覚えろ
なんて豪華なの、、、アマンダの美しさ、、、。
一生懸命生きてる人たちの話。スケールが大きくて歌声が全部きれい。
何度も見ているが何度見ても飽きない。ミュージカルには少し苦手意識があるけど2時間越えのレミゼラブルは何度も見られる笑とにかく全員に全員のストーリー、歌が有り、全ての役者が歌うますぎる。子供コゼットかわいい、大人になったコゼットもきれい、、、子供コゼットまじでかわいい、、。ラッセルクロウしつこ過ぎ。でも彼なりに悩んでいたのだな、と彼の死に際で分かり号泣。人生って惨めで辛いものなのですね!
あー

あーの感想・評価

2.0
プライム
こへ

こへの感想・評価

3.5
高校の時マリウス役でした
nornir

nornirの感想・評価

4.7
エポニーヌ
>|