Kiki

理想の出産のKikiのレビュー・感想・評価

理想の出産(2011年製作の映画)
3.7
『理想の出産』と言うより

《産後の現実》でしょうか…

病院のマザークラス(こちらで言う母親教室)をサボったことを分娩中に助産師にネチネチ叱られるシーン…ワロタ‼︎
その厳しめの助産師さんが、マタニティブルーで落ちている主人公をなぐさめ抱擁してあげることでチャラになった。

硬膜外麻酔しても、娩出力かけるのは産婦自身なので結構な時間 頑張って感動的な出産シーンでした。
旦那さんが、会陰切開を見て気絶して鼻血ブーもあるあるです。( ´艸`)

産むのがゴールではなく、実は産まれてからがスタート…可愛いだけじゃない子育て!でも可愛いからこそ踏ん張れる!

ママもパパもベビー(第一子)も初めてのことばかり…頭で考えず、共に経験して成長するんだろう。

恐るべし『母乳クラブ』
いろいろな情報を提供してくれるのはいいが、のめり込むと逆にしんどくもなる。
個性や環境が違えば「みんな違って みんないい」こだわりは狭くならない程度がいい!



随所にフランスらしい 性に対してのオープンな対応が見られて面白かった。

全ての男女にオススメです!