古池

ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!の古池のレビュー・感想・評価

4.0
アツい!全然、関係ないけど漫画のスラムダンクを思いうかべました。体育会系のアツさ。
でも、己に勝つ!って感じで、芸術系独特の厳しさも。
何人もの人物をとりあげているため、散漫になりそうでならない。
これがドキュメンタリーだということに胸がアツくなりますね。
人間の身体って、美しいな。と。
人種の問題なども、ちょっと。
私も、バレエやクラシック音楽は、ヨーロッパの人々のモノ。て、思っていたところあるし。
衣装の肩紐を肌の色に合わせて家族が染めるエピソードに、はっとしました。

そして…「一番大切なのは折れない心」