sumiremami

映画 鈴木先生のsumiremamiのレビュー・感想・評価

映画 鈴木先生(2012年製作の映画)
3.0
学校の秩序が、手がかからない生徒の摩耗の上に成り立っているという台詞はなかなか印象に残った。
真面目な人が損をするような世の中はほんとにおかしいしどうにかならないといけない。

少し話は違うけど、
学生時代、授業を真面目に受けず邪魔してばかりの生徒達に、「お前らみたいなのがのうのうと生きて、真面目に授業を受けている生徒が損するんや」みたいなニュアンスですごい怒った先生がいたのを思い出した。

その先生との三者面談で「授業も真面目、勉強をしているのはテストの回答出来ている部分でわかる。だけども成績が伸びない」みたいな話をされて、わかってくれてるんだなと感じたので、その時まるで自分を庇ってくれたように感じてぐっときた記憶がある。。

卒業して20年くらい経ってるけど未だに年賀状交換してる。ハガキの内容は変わらないけど、先生は校長になった。