ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日の作品情報・感想・評価

「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」に投稿された感想・評価

勝手に想像を膨らませていたが、期待していたような作品ではなかった。
導入部のパイの名前の由来や3つの宗教を信仰している話は、それなりに面白く観ていたが、肝心の漂流パートに全くリアリティが感じられなかった。漂流生活の真実がどうあれ、描き方が現実離れし過ぎており、白けてしまう。
本作は、その映像美が高く評価されているようだが、これもリアリティを削ぐ原因となっているように思う。個人的には、ラッセンの絵のようないかがわしさを感じてしまった。
櫻

櫻の感想・評価

3.6
とにかく映像が美しい。
Daichi

Daichiの感想・評価

3.6
どちらを信じるかはあなた次第!
EBI

EBIの感想・評価

5.0
あまり覚えてないけどお正月にテレビでやってた。海がビューティフルだった記憶に星いつつ。こういう信じたくなるかんじの話好き。
過去の鑑賞記録。
うや

うやの感想・評価

3.4
自然の美しさとか映画館のスクリーンで観たらより良かったかも。物語は最後になるほどって感じ。
ミラ

ミラの感想・評価

3.4
長くて退屈
Miyu

Miyuの感想・評価

1.7
なんたる。。。最初は、前置きみたいなの長過ぎると感じたし「はいはい虎と絆が芽生えるのね」とか思ってたしCG映像美のファンタジー感楽しむのかと思ってたけど。
そんなんじゃなかったのね〜
宗教観も、パイの名前も227日も、虎の名前も、なぜ色んな動物がいたのかも、CGの美しさも…物語の最後に「なるほど」となりもう一度観たくなる映画です。
>|