ジャッジ・ドレッドの作品情報・感想・評価

「ジャッジ・ドレッド」に投稿された感想・評価

ロボコップも真っ青になるぐらい素顔を明かさないジャッジ・ドレッド。魅力があるんだか、ないんだかわからない。
はっきり言って全然かっこよくないんだけどね。

ルーキージャッジのアンダーソン(なかなかに可愛い!ジャッジの中で彼女だけ素顔が見れる)と共に高層マンションに閉じ込められて、女ボス『ママ』が支配する麻薬組織と対決する。

95分間、とにかくな〜んにも考える必要がない映画。毒にも薬にもならない。だけど、それが良い。清い。

な〜んにもする気力も体力もない時にオススメな映画でありんす。
ミート

ミートの感想・評価

5.0
素晴らしい。画面が暗いし、描写がグロいけどよくできた映画。ドレッド役はカール・アーバンで、作中でも決してヘルメットを脱がず、顔が見えないのに実に名演技。新米ジャッジ役のオリヴィア・サールビーはめっちゃ可愛い米国の女優さん。これは観なきゃ損。
りゅう

りゅうの感想・評価

3.0
カールアーバンの口元ばかり見てた。
toro

toroの感想・評価

3.5
顔を見せない&感情を出さないってキャラクターだと役者さんのやり甲斐がないって話。

ドラック「スローモー」。

万能拳銃。
金曜日

金曜日の感想・評価

3.0
敵も味方もどうかしてるぜ!
記録。
決してつまんなくはないが、劣化ロボコップって感じ。
サールビーちゃんはかわいい
ハイテクすぎる拳銃
MsArsenal

MsArsenalの感想・評価

3.2
俺様が法律だ
by カールアーバン
DESK

DESKの感想・評価

3.3
なんとまあ、本当にカール・アーバンだった? 声だけじゃわかんない。まあ あの無双っぷりは間違いないか。
スタローン版より数段上。敵ボスが女性、無茶デカい建物、荒廃しきった街、権力強すぎる司法、若い頃のシャロン・ストーンを思わせる結構タイプなルーキー。アレ?減点部分が無いや。
そうだ、ちょっと品が無い。スプラッタ風味を減点しときます。全体の雰囲気には合ってるけどね。
>|