シュガー・ラッシュの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シュガー・ラッシュ2012年製作の映画)

WRECK-IT RALPH

上映日:2013年03月23日

製作国:

上映時間:101分

3.8

「シュガー・ラッシュ」に投稿された感想・評価

さか

さかの感想・評価

4.0
シュガーラッシュオンラインを見る前に鑑賞
(字幕)

ゲームの悪役のラルフがヒーローになりたいと思い、動き出すがゲームの秩序を乱してしまい大変なことに!!
ラルフとシュガーラッシュというゲームでレースクィーンになりたい女の子ヴェネロペがそれぞれの願いを叶えるために、、。


ゲームセンターのゲーム同士のキャラが繋がってたり、ゲームのキャラの気持ちが表現されてたり、ゲームのキャラがプレイヤーを見える設定や、クッパやソニック、私でも知ってるゲームのキャラがたくさん出てきたのが見てて楽しかった。

最後の方まで、ハラハラしたし、
最後はえー!!という展開で予想してなかった。
(思ってた以上に)面白かった。
見てない人は見てほしい。


ゲームの悪役っていなければ成立しないし、裏主人公みたいなもんだけど、ラルフ見てたら、毎日不当な扱い受けてたら可哀想だよな笑


歌が耳に残るね。
mitchan

mitchanの感想・評価

3.5
ホントだ、シュークリーム屋のおじさんいたよ。
Kawatang

Kawatangの感想・評価

3.8
こんなに良くできたお話だったか、と改めて。
マリカーやってるせいか、レースシーンに胸熱。
最近新作やってるから何となく観たけど思った以上に面白かった。

色んなゲームの悪役が出るのは知ってたけどザンギエフ、クッパ、インベーダーとかが集会してるのはウケた。

ラルフとヴァネロペが友情に目覚めて最後はゲームクリアする王道ストーリーだけど、無駄なシーン無くて良く出来てると思った。

ヴァネロペのことを思ってマシーン壊すシーンは胸が痛んだな…

アナ雪とかよりもこっちの方が子供ウケすると思うんだけどなぁ。
「フィックス・イット・フェリックス」というゲームの悪役:ラルフが、決して褒められず認められないその立場に嫌気が差し、ヒーローになるために別のゲームへ潜り込む。
「シュガー・ラッシュ」というレースゲームに飛び込んだラルフは、体に不思議なノイズが入るヴェネロペというキャラクターと出会い、初めは争っていたが、徐々に友情を深め、「シュガー・ラッシュ」の世界に隠された企みを暴くという話。

”ゲーム”がテーマで、実在するコンピュータ・ゲームのキャラクターが多数カメオ出演しています。
米国の映画なので日本では馴染みの低いキャラも多いですが、ラルフの登場するゲーム機というのがアップライトで、その頃に世界的に流行したゲームのキャラクターが出てきます。
よほど若い世代でない限りは出てくればわかるのではと思います。

ラストはすっきりと終わった感じです。
アップライトだの汎用筐体だので賑わっているゲーセンなんて今日日見かけませんが、本作を見たら久しぶりにゲームセンターらしいゲームをやりたくなりました。
2000年ごろまではそこかしこにあったと思うんですけどね。
寂しがり屋の2人が距離を縮めて親友になっていくという熱くて泣ける王道ストーリーをゲームの中というエキセントリックな世界観で特大エンターテイメントに昇華させている!!

ラルフもヴァネロペも悩みの種は現実の我々も直面してしまうようなもの。だけどお互いに頼る人もいなければ変に強がりな所があるから悪循環が生まれる。
だから2人が出会い受け入れあってかけがえのない関係になっていくのは観ていて心熱くなるし、涙出る。
ラルフが初めての友達であるヴァネロペの為に彼女を傷つけなきゃいけないシーンは本当に心が傷んだ…だから、そこから2人の友情の復活するのはとてもグッと来るし、そんだけのドラマを見せられた後にオンライン観てたらもう死んでしまうわ…オンライン先に観てて命拾いした!!

展開が重くなってきてもテンポの良いギャグを放り込んでくるから飽きずに観ていられる。
主役2人の他にフェリックスとカルホーン軍曹のコンビが最高で、特に底なし沼からの脱出シーンは笑ったし、フェリックスに本気で惚れそうになった!!

タイトルにもなってるレースゲーム、シュガーラッシュはとてもエキサイティングで爽快なレースを見せてくれて、視覚的にと相当楽しめる。ラストレース激アツですよ!!てか、ヴァネロペが念願のレースに参加したって時が最高にテンション上がった!!!

最近のディズニー映画の中でもかな好きな部類に入る!!もう一度オンライン観たいーーーー!!!!
sabsab

sabsabの感想・評価

3.5
シュガーラッシュ オンラインを観るにあたり前作の本作を観ていないと話にならんと思い、今更Blu-rayを買って視聴いたしました。

結論から言うと、なかなか面白かった。ゲームキャラがヒーローだったりヴィランだったりの役割を全うしつつも葛藤を抱えてセラピーを受けたりしてる描写が良かった。

ゲーセンの筐体を乗り越えてコミュニケートしたり助け合ったりして、それは続編ではオンラインになりますよね〜って感じがしましたね。

これで予習出来たから安心していつでも、シュガーラッシュ オンラインを観に行けますよ。

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃ面白いだけに、何故これを日本の映画界から生み出すことが出来なかったのか、非常に残念に感じた。

主人公のラルフはみたいに「ヒーロー」や「主役」になりたくてもなれない人。また「リーダー」として責任あるポジションに就いてる人。組織に馴染めずに浮いてる人。この登場するキャラクターの誰かに「自分自身」を観ることが出来れば、この映画は更に面白くなる。ちなみに僕の今の境遇はヴァネロペに近い。だから彼女がレースに出ようと頑張っているシーン、レースでラスボスと戦うシーンは、食い入るように観てしまった。自分自身も彼女みたいな姿勢が人生に必要かもな…なんて考えて仕舞った。

最後に伏線は一気に回収、更にレースが舞台だからストーリーもテンポがいい。
オンライン観てからこっち観た
オンライン面白かったし良かったんだけど、、、たしかに悲しくなるなこれわ😥1の方が好きかもしれません