遺体 明日への十日間の作品情報・感想・評価

「遺体 明日への十日間」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.6
辛いとしかいいようがない。
関わった方々、ほんとによく耐えてくださったんだなって。
授業で鑑賞。
遺体安置所をメインとしたものを見るのも聞くのも初めてで、かなり辛かった。
命について考えることができた。

先生が、「現実は津波の犠牲者は、五体満足出揃ってることは珍しい」って言ってたのを聞いて、本当はもっと恐ろしいものなんだと怖くなった
まゆ

まゆの感想・評価

-
2018.10.11

大学の講義で
震災を経験したからこそ分かる
あのなんとも言えない気持ち
目の前の人生を生きることに必死だったなと思った
sena

senaの感想・評価

-
授業で
点数というよりも、残しておきたいという思いから。
YOU

YOUの感想・評価

3.8
胸が苦しくなる。

「当たり前のこと」なんて何もない。
を改めて感じた。

いってらっしゃい。と、子供を送り出すこと。
スーパーで夕飯の買い物をして、家族でご飯を食べること。

何でもない毎日が、何でもなく過ぎていく毎日ってすごく幸せなことなんですね。

小さな子供が運ばれてきて動揺する女性職員。
何度も声をつまらせる僧侶。
どろどろになりながら、ただただ遺体を運ぶ消防団員。

印象的なシーンがいくつもあった。
この映画を観た後、原作も読みました。
優雅

優雅の感想・評価

-
ちょっと点数つけられない。
映画だと思って見てなかった。
みんなに見てほしい。
そして、忘れたくない一本
>|