遺体 明日への十日間の作品情報・感想・評価

「遺体 明日への十日間」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.6
辛いとしかいいようがない。
関わった方々、ほんとによく耐えてくださったんだなって。
悲しむ時間もなかったのかなと思うと胸が痛い。

誰もが誰かの為に動き、助け合い、1日を乗り越えていたのかなって。
MisaTakagi

MisaTakagiの感想・評価

3.9
本当はこれより無惨だったと考えたら…
かりん

かりんの感想・評価

4.0
記録 映画なのに映画だと思って観れませんでした。
風化させてはいけないし、沢山の方に観て欲しいと思いました。

このレビューはネタバレを含みます

あれから7年9か月も経って、改めて真実って恐いと思った。それとともにまた改めて冥福を祈りたい。報道って一体何であったのだろうかと、うわべでしかなかったのかと。今回のフォトジャーナリストの解放も含め、社会の真実の置き所を考えさせられる。遺体の発するコメントを僕らは聞かなくてはいけない。
それぞれに配置された役者たちも活きていたように思う。それを捜索し、運んでくる人、医者、歯医者、葬儀屋、場を管理する市の職員、僧侶。
元葬儀屋の言葉が重い。
自然が奪った命と、ひとり誰にも看取られずに去っていく命との違いはあるのかと。
durant

durantの感想・評価

-
すごい映画でした

この映画はほぼ全編遺体安置所で話が進んできます。

なかなか衝撃的な映像でした。。。
こういう方たちがいたことを忘れてはいけないし、知ってほしい
IamSora

IamSoraの感想・評価

4.5
いつ観たかなぁ
3年ほど前の3.11前だったかな

戦争も、人種差別も、自然災害も。
知らなかった真実、知っておくべき現実がある。

忘れない為に、風化させない為に観て、広めなくてはならない作品。
授業で鑑賞。
遺体安置所をメインとしたものを見るのも聞くのも初めてで、かなり辛かった。
命について考えることができた。

先生が、「現実は津波の犠牲者は、五体満足出揃ってることは珍しい」って言ってたのを聞いて、本当はもっと恐ろしいものなんだと怖くなった
まゆ

まゆの感想・評価

-
2018.10.11

大学の講義で
>|