遺体 明日への十日間の作品情報・感想・評価

「遺体 明日への十日間」に投稿された感想・評価

sena

senaの感想・評価

-
授業で
点数というよりも、残しておきたいという思いから。
YOU

YOUの感想・評価

3.8
胸が苦しくなる。

「当たり前のこと」なんて何もない。
を改めて感じた。

いってらっしゃい。と、子供を送り出すこと。
スーパーで夕飯の買い物をして、家族でご飯を食べること。

何でもない毎日が、何でもなく過ぎていく毎日ってすごく幸せなことなんですね。

小さな子供が運ばれてきて動揺する女性職員。
何度も声をつまらせる僧侶。
どろどろになりながら、ただただ遺体を運ぶ消防団員。

印象的なシーンがいくつもあった。
この映画を観た後、原作も読みました。
耳雄

耳雄の感想・評価

-
ちょっと点数つけられない。
映画だと思って見てなかった。
みんなに見てほしい。
そして、忘れたくない一本
joker

jokerの感想・評価

-
途轍もなく胸が痛い。

7年経った今でも、
受け止めきれないものは多い。

東京にいた自分でさえこうだから、
東北にいた彼らはどんなだろう。

点数をつけるのは失礼な気がするので、
今回は控えさせていただいた。

あのとき亡くなったすべての人に、
心からご冥福をお祈りします。
誰も、誰も悪くないのに。
あんな時にも 自分の事より人のために動ける人、想える人がいて、人間は素晴らしいなあ。と。そして、全くそんな事を知らずに幸せに過ごせてる私達はこの状況を知るべきだ。
Hachi888

Hachi888の感想・評価

5.0
後世に残すべき映画。

東日本大震災直後の本当の話。
次々と運ばれてくる遺体、閉ざされたライフライン、見つからない家族。
映画中、映画後は言葉も出ません。

今災害が日本を襲っており、日本だけではなく世界の国々で災害は起きてます。
私が暮らしている場所は幸いにも災害はなく、家族も生きています。
ですが、いつこの様な事が起きるか分かりませんし、平和な時間は永遠ではありません。

この映画を通じて日頃考えなければいけない事も考えさせられました。
皆さんに見て欲しいです。
>|