ちろる

ザ・マスターのちろるのレビュー・感想・評価

ザ・マスター(2012年製作の映画)
3.8
卑猥な描写から始まりってまた同じく卑猥さで終わるのに何故だかとても上品。
そして、どこまでもエレガントな音楽と映像の組み合わせがとても好み。
フレディがトッドに倒錯し、それがドッドとフレディとの奇妙な蜜関係となっていく。
ドッドを演じたフィリップ・シーモア・ホフマンの見事なセリフ回しと、ホアキン・フェニックスのナイフを内包したような怪演。
ペギーを演じたエイミー・アダムスの中盤からの存在感もお見事である。

警察に取られ画面を分断して左手に暴れ回るフレディ、そして右側にドッドが冷静に説き伏せるシーン
作品の中でも印象に残るカメラワークであるがこのシーン以降の展開すべてが静かに狂っていて観ている私たちも緊張感を伴う。

カルト信仰宗教というと、素人考えとしてはどうしても胡散臭いとか、お金をむしり取るとかそんなイメージをら持ってしまいがちなのだが、このドッドは本気でフレディを救おうと思い、そして自分の愛でしか救えないと思っているように見受けられる。
それがたとえ周りから見たら根拠のない愚かな考えだったとしても、本気でフレディを思っていたドッドに少しだけ心が痛くなったまさかの展開。
カルト信仰宗教と一人の男との関わり合いをこんな風に結論づけるなんて流石PTAやるよね。
ラストは意外にも呆気ないし、考えさせられるというよりはこの奇妙な男たちの関係をただ傍観するのを楽しむのみ。
この名優2人でなかったらこんな狂気じみてなかったに違いない。
そしてまたもやフィリップ・シーモア・ホフマンの映画界不在の重さを思い知る作品に出会ってしまった。