しょうた

フライトのしょうたのレビュー・感想・評価

フライト(2012年製作の映画)
3.0
想像していたのと違ってしまって受け入れるのに中盤まで戸惑ってしまいました。
序盤に迫力ある飛行機の墜落劇。それを必死で操作するデンゼルワシントン。さすが演技派。緊迫感すごく伝わる。
奇跡的な緊急着陸に成功。あれ成功するの‥ここからどうやってストーリー展開するのかなと不安を感じたら‥なるほど緊急着陸したデンゼルワシントンに血液検査したらアルコールが検出される‥英雄か犯罪者か‥あまりの意外な展開に戸惑いました。
淡々と物語が進む中、彼の下した決断は‥何となく先が読めるけど最後の終わり方は納得。
戸惑いながらも面白く印象に残った映画。


主役のデンゼルワシントンのアル中のクズっぷりの演技は見もの。
正義のイメージが強い彼がこの役で演技の幅を広げた感じがする。