Shintaro

ラストスタンドのShintaroのレビュー・感想・評価

ラストスタンド(2013年製作の映画)
3.8
なぜ観に行かなかった…。
”鋼”と呼ばれた男が長きに渡るお勤めを終え、在るべき場所に帰ってきた。
ターミネーター、大脱出と濃いだけで内容のペラい腹筋記念作品ばかり観ていました。
復帰主演第1作のこちらは…まぁーー見事!!
パソコンで観ても全然ノリノリ。
映画館で観たもんなら、ビンビンのビンのギンギンのギン。
キム監督やってくれるねー。分かってるわー、この人。因みに『悪魔を見た』はけっこう好きです。
予告からはギャグ感しか伝わってこなかったんですが、実際は割とシリアス……と思いきやその両方。
やってることは、コンパクトなのに派手っぽいし必然的。こちらの気持ちと見たい映像とが合致するんですね。
いやいや、冷静になれば、FBIの能無し具合や麻薬王の謎のナルシシズムなど、ん??となるところは確実にある。(主に車で逃走する意味とは?)
……が、この映画は演出にこそ素晴らしさがある。
カーアクションとそのチェイスのテンポなどはイケとる。
シュワが決起する動機には、一緒になって怒れるものがあるし、それ故の銃撃戦の盛り上がりがある。
それとジョニー…、中世の盾で銃弾を防ぐその音に腹筋崩壊。これも演出のなせる技ですな。
人間的なシュワルツェネッガーが観れて安心。
00年代生まれのガキどもにもアンタは夢を見せてやってくれ。