すぽんじ

ふがいない僕は空を見たのすぽんじのレビュー・感想・評価

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)
2.6
☁︎☁︎こんな日にまで空は美しい☁︎☁︎

窪美澄の同名小説を映画化したヒューマンドラマ。
タナダユキ作品巡りで鑑賞。
「コスプレ人妻と高校生」、
「貧乏高校生たち」、
「助産師とその息子」
と大まかに3つに分かれて“生”について描かれている。

しかし…まぁどれもこれも八方塞がりの環境でふがいない事この上ない。
特に不妊に悩む主婦を追い詰める姑﹙銀粉蝶の怪演付き﹚と言ったら。。( ⌒⃘ཽ⃜ ◞ළ̆◟ ⌒⃘ཽ⃜ )
更にあの夫とくれば、もう結婚ってホント恐ろしいもんなんじゃないかと『ブルーバレンタイン』『ゴーン・ガール』に引き続き戦々恐々としてしまう。

学生時代イジメを受けていた主婦が本来は最大の味方であるはずの夫と結婚しても、まさかこうしてまたイジメを受けるなんて…一生イジメ続けられるとかやり切れなさ過ぎ。

さぁではそこからどう脱け出すんだ、といったらそういうカタルシス的なものは1つも貰えない。
最後は大きなテーマに総て丸投げして終了した印象。いや、言いたい事は分かるけど…
学生時代に無理矢理観せられた自己啓発映画みたいな感覚。。
最初はそう思わなかったテロップが最後のほうは説教くさく感じてしまって残念。

2015.11.11DVDレンタル