べりす

ふがいない僕は空を見たのべりすのレビュー・感想・評価

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)
3.3
主人公の性癖とか正直勝手にしてあげてって感じだけど、それよりも周りのがよーっぽど胸糞悪い人たちばっかり。
不倫相手の旦那さんはマザコンとかだけならまだしもなんか全部嫁任せだし、その母親はめちゃモラハラやし、そんなやから不倫されんねんしかも離婚させて下さいってゆーとるのに別れないとか…んで相手が高校生やのにばら撒くか??
そっち(窪田くん)側のがやばすぎだった。友達だと思ってたやつも裏切ってた&困窮しすぎやし、いい先輩はロリコンかなんかで逮捕されるしやばいわ…。
「お前は団地を抜け出すことだけを考えろ」
って高校生には将来抜け出せとしか言えなくない?
万引きしてたり裸足で殴られて外夜歩いてたり団地って聞いたことあまりなくって、そういう人と出会ってこなかったからなのかふわっとした雰囲気でしか想像できない私だけどひと括りにされることを本人たちは嫌がるシーンの後のビラをばら撒く兄弟…。団地をひと括りにして馬鹿にしてる人も、その団地に住む大人たちもその高校生も全ての人が胸糞ー!!
でもそのシーン見ながら老後の老人ホームのお金くらいためとかなやばいな…ってこれ見て思った。
地味に担任もやばかったしな。
性教育大事です笑!
主人公の家は産婦人科ではないんよね?自然分娩したい人がやってきてみたいな。それもよくわからなかったけど、生まれてくるところを手伝ってた主人公、その設定でうまくまとめている映画だった。
なんかスカッとする映画じゃないけど、大事なことを言おうとしている映画だったのかな。