もり

ふがいない僕は空を見たのもりのレビュー・感想・評価

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)
3.1
前半のあんずパート胸が苦しくなった

いろんな人の視点から不甲斐なさや生きづらさを描いているのだけれど、主人公だけ低次元に感じてしまったのは自分だけか。。
台詞と演技もなんかなぁ

34/2019