ふがいない僕は空を見たの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ふがいない僕は空を見た」に投稿された感想・評価

ゆーき

ゆーきの感想・評価

3.2
女性の監督の方が結構生々しく人の営みを描いている気がする

それにしても狭苦しい世界よ…
生きづらい

日常のシーンほど描くのに演技力がいるんだと思った
し

しの感想・評価

3.8
闇鍋かってくらいこの世の不幸の詰め合わせなのに、そしてさほどハッピーエンドでもないのに、見終わった後の清々しさが独特 鑑賞後の余韻を噛みしめる映画
私の中の清竜人の痛いよをはじめて聞いた時の気持ちと似てる
約2時間半、あっという間でした。
望んでこの世界に生まれてきたわけではないけれど、それでも生きていくしかない残酷さ。
登場人物それぞれの虚しさが伝わってきて、何とも言えない気持ちになりました。
Mina

Minaの感想・評価

3.9
窪田正孝すげえ。もっていかれそうやった。最後の一言で壁乗り越えた感あるなあ永山絢斗。いい男になれよ〜
詩乃

詩乃の感想・評価

3.8
それでも、だからこそ生きよう
ってゆうのが伝わってきやすい、
原作が素晴らしい分アレだけど、、お母さんと福田くんは映画で観れてよかったと心底思った
最後の"厄介なもの"つけてきた赤ちゃんほんとに感動したんだけど
午後

午後の感想・評価

2.5
途中で何度か見るの断念しそうになったけど、最初は捨ててたお弁当を分け合いながらせっせと口に詰めてるシーンを見てなんとなく救われた気持ちになった
nanamiy

nanamiyの感想・評価

3.5
生身の人間らしさが瑞々しく描かれていて、観ていて辛かった。映画の中の物語にとどまらないところが、なんとも尾を引く。やはり、母は絶対的な存在なんだなあ。父をないがしろにするわけではないけれど。主人公のお母さんがいてくれてよかった。
2019年18本目。
原作読了してからの鑑賞。どうやって映画化するのかと思いましたが、エピソードは削ってはいますが構成も原作に準じていて違和感ない。ちょっとダイジェスト的ではありますが。スコアこそ低めにしたけれど、胸の奥がチクリと痛む系で一度は観ておくべき映画だと思う。
「人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている」という伊集院静氏の名言を思い出した。馬鹿な恋愛をしたことない人なんていないのだ。
maco

macoの感想・評価

-
原作が好きで、生々しく苦しい話なのだけれど、ある種の真実でもあると思う。たしか原作者が赤ちゃん雑誌の記者をしていて、雑誌では切り捨てられていく出産の暗い側面を書きたかったみたいなことを言っていた。作中でも言われることだけれど、夫婦がとても気持ちのいいセックスをして、その結果子どもができて、歓迎されて生まれてくるとしたら、こんなに幸せなことはないのに。
KR

KRの感想・評価

-
まだ途中

小説は読んでおらずこれが初見。

コスプレしたカップルが登場するが、女は人妻、男は高校生。
女はかなり子どもが欲しいようだが夫は非協力的。
男子高生・卓巳はそれを知っても、人妻・あんずと別れられない。

卓巳の母は助産師。