クルードス

テッドのクルードスのレビュー・感想・評価

テッド(2012年製作の映画)
3.4
人以上に人間っぽいキャラが出てくるという意味では宇宙人ポールやパディントンを連想するが、昔からの腐れ縁の友人に引っ張られていつまでも大人になりきれず、彼女に愛想をつかされそうになっている男の話という事で、テーマはショーン・オブ・ザ・デッドに近いと思った。

雷が鳴って怖がるテッドと一緒に歌を歌うところは笑えたし、他にも笑える場面はあったが、映画自体の作りは結構ベタで、映画的な伏線回収やサプライズは少なくて、終盤に向けてアクションがあったり感動のシーンを入れてる割にはあまりドキドキワクワクはしなかったかな。
まあそういう映画ではないんでしょうが…。

テッドからの着信音がナイトライダーだったのは笑えた。あのテーマ曲、久し振りに聞いたなあ。
そして彼女からの着信音はダース・ベイダーって。

友達が彼女からの着信をドラクエのラスボス、デスピサロ戦のテーマにしていて、それを彼女に聞かれてしまい「何?この曲?」と言われたエピソードを思い出した(笑)