ミサキ

四十九日のレシピのミサキのレビュー・感想・評価

四十九日のレシピ(2013年製作の映画)
4.5
喋り方がぶりぶりでいらいらさせる
事を得意とするふみちゃんと
顔に作れるだけしわをいっぱい作ってすぐ怒鳴る石橋さんのやり取りから
始まるんですけどジェネーレーションギャップどころかもう会話が出来てませんでした(笑)
でもやっぱり一つ屋根の下で日にちが
経っていくと親子のように言葉が
伝染していくんですよね、、、でも
ふみちゃんに合わせてか「にゃん」
とか多めで。うん。石橋さんはもちろん。
にゃんは一度も言ってくれません!
レシピにはコロッケパンの作り方が
載ってるんですけどゴリラの
イラストがゆるい。ユルカワでした。

四十九日。僧侶を呼んで喪服を着た
親戚に集まってもらいお見送りを。
でも乙美さんが願っていたのは
そうじゃない。だから石橋さん一家は
フラダンスを踊ったり乙美さんが
産まれた日、お酒を初めて飲んだ日、お仕事お疲れ様でしたの日などの人生年表を壁一面に貼り付けて皆で思い出を見つめるんです。四十九日にルール
なんて無いんですね。あんな風に
見送ってもらえたら最高な最後になりそうだ~。