whitelily

ウルヴァリン: SAMURAIのwhitelilyのレビュー・感想・評価

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)
2.7
前作ファーストジェネレーションでテンションアガった後になぜここでこの作品??なスピンオフ感がすごい。なぜニッポン?なぜウルヴァリン?なぜ?が止まらないうえに日本の風景とウルヴァリンっていう絵面の違和感が終始付きまとう。
それでもシリーズとしては繋がりがあるのが厄介なところ。ウルヴァリンの人生の片鱗としてウルヴァリン日本に来てたのね〜くらいで観るのがちょうどいい。
日本の間違ったイメージはご愛嬌、これはギャグ?っていうシュールな演出も含め気になる部分も多々あり。ミュータントの闘いがないだけにアクションシーンは見劣りするものの忍者や日本刀など日本特有の要素を取り込んでいておもしろかった。
ユキオのキャラが謎めいていて好き。ただマリコとウルヴァリンのラブは要らなかったかな。
エンドロール後の展開はシリーズ戻ってきた感があって胸アツだった。