おんちゃん

ウルヴァリン: SAMURAIのおんちゃんのレビュー・感想・評価

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)
3.5
1945年、長崎に原爆が投下された。
その際、多くの日本人兵が切腹していく中
その場に居合わせたローガンは、
“矢志田市朗”(山村憲之介)という1人の兵を救う。
そして現代に戻り、ローガンはまだジーンを
殺してしまったことの悪夢にうなされていた
そしてある日、“雪緒”(福島リラ)が現れ、
矢志田の命があと少しで終わることを告げ、
その前にローガンに礼がしたいとのことで
一緒に日本に来て欲しいと頼む。
日本に来たローガンは命からがら生きている
“矢志田市朗”(ハル・ヤマノウチ)と再会する。
そこで矢志田はローガンに対し、ローガンの
不老不死の能力を解析し、その能力を矢志田に
移す代わりにローガンを不老不死から
解放しようという言葉を告げられる…



当初の評価がめちゃくちゃ低かったので
あまり期待をせずに見たんですが、
思ったより楽しめました!!
X-MENシリーズと見ずに1つの作品として
視聴すれば普通に良い作品でした。
だけど、この世界の日本治安悪すぎだろ。笑
いかに警備を厳重にしてるといえど
銃を裸で見せびらかすように持っている
警備員とか怖すぎ…笑

ヤクザの外国の人から見たらあんな
イメージが付いてるんですね!!
刺青のレベルが半端じゃない。笑
新幹線の上での戦いでのヤクザしぶとい!!
あと1つ凄く気になったんだけど、
何故、上野から東北新幹線に乗って
長崎に行ってんだよ!!!って
映画を見ながら冷静にツッコんでました。笑

次作はX-MENシリーズのある意味分岐点の
「フューチャー&パスト」の視聴!!