ウルヴァリン: SAMURAIの作品情報・感想・評価

「ウルヴァリン: SAMURAI」に投稿された感想・評価

待望のシルバーサムライ!!
それが実写で観れただけでも感謝!
あと漁村にウルヴィはシュール過ぎて笑う。
ヒロインのダメな演技、日本の事を知らない外国人が想像したような世界観の日本やつまらないストーリー。などここまで全てマイナスな方向に向かっている映画も珍しい
無影

無影の感想・評価

3.7
X-MENシリーズからは一旦離れ、ローガンにスポットを当てた作品。そのためには、ローガンを普段とは違う舞台に連れてくる必要があったのかなと思いますが、そこで選ばれたのが、原作コミックでもシルバー・サムライやマリコで人気のあった日本。ここでの評価は低いみたいですが、私は最後の戦闘シーン以外は、日本のことを丹念に調査をして作り上げられていたと思います。日本ではヤクザが銃を撃ったり忍者が出てきたりしないと言われる向きもあるみたいですが、アクション映画でそこまでリアリティを求める必要があるのでしょうか。むしろ、X-MENのときには見えづらかったローガンの「不死身の超人」としての孤独や苦悩がよく見えて、興味深い作品に仕上がっていたと思います。
邦題ではウルヴァリンが出てくるヘンテコな日本が舞台の映画みたいに思えてきますが、原題『The Wolverine』は真のウルヴァリン誕生を表しているかのような格好良さで、かつ、本作はそれに見合った良い作品だったと思います。
taotan

taotanの感想・評価

1.0

つまらなくて、正直最後まで観るの苦痛だった。
無くても良いエピソード。
なんで作ったのか気になるレベル…

今までのシリーズが全部当たりで、どれも面白かったがゆえにとても残念。

ローガンの無駄遣い。

監督がインタビューで「よくあるヘンテコな日本映画にはしたくない」って言ってたけど、
ヘンテコだった…

忍者、ヤクザ、日本刀。
作りたかったものはわかるけど、X-MENシリーズでやらなくて良いと思った。
>|