藁の楯のネタバレレビュー・内容・結末

「藁の楯」に投稿されたネタバレ・内容・結末

藤原竜也演技うますぎー。

家族殺された人が、正義感だけで犯罪者を守るって、あるようで無かった話し!

味方と思ってた人が裏切って、ギクシャクしてーの中で本当の仲間が死んで‥
すっきりするようでモヤモヤして終わる!
よく分からなかった。
終わり方も曖昧
菜々子さん…
めっちゃ良い演技でした!
この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます

期待度★★★★★

実写映画界隈で度々名前の上がる三池崇史監督
彼にいいイメージはなかったがこの作品は面白かった
最後までクズを貫く清丸良し、上手くまとまっている
ただ白岩ガバガバ過ぎませんかね
お話自体は面白いけど後味の悪さが凄い…
【モヤモヤ部分について】
なぜ蜷川を止めに行ったのか?読みが浅いからでしょうが、いまいち納得しきれなかったのが本音。
銘苅が最後まで自分の仕事を全うしようと身を投げたのは確かに「すっげえ」だった

死んだ人間は話せない、
死んだら終わり
ホントにそうですか?このくだり
両者の失った人たちのことを思うと理解できる けど、
それでも蜷川は彼を殺すのか?彼だって死んだら終わってしまうけど、それでいいのか?

私なら、あえて終わりにさせない、生かして、ずっと母親のところにいかせないようにしたい と思うかも。

でも結局。
殺したって楽になるし
生かしたって、クズ発言をのたまうだけなんだよなあ、と
法廷シーンを見て やるせなくなりました、、

生まれながらのクズ、いてほしくはないけど 少しは いるんだろうなあ
松嶋菜々子が殺されるなんて思わないから、相当ビックリした。
映画やドラマを観てて、「こいつ、殺されるな」っていうレベルの俳優さんているけど、まさか当時の松嶋菜々子が途中で殺されるような役を引き受けるとは思わなかったから。

個人的に藤原竜也が大大大好きで鑑賞。

ぶっとんだ話だなぁ。と思いながらもハラハラ見てた。

クズ男を命をかけて守らなければいけないという話、設定は面白かった。
お金は全てを変えてしまうし、人の命は何がどうであれ平等… 正直悔しい…
ツッコミどころは多く感じて評価は低め…

終わり方は好き。
最後の藤原竜也のクズっぷりが!!!
藤原竜也大好きなのに大っ嫌いになった。
そう思わせてしまうくらい演技がすごい。
結果、もっと大好きになってしまった。(笑)
なんちゅうバッドエンド。人間の嫌なところばっかり見せられて、最初から最後まで胸糞悪いったらありゃしない。作品としての完成度は悪くないと思うが、鑑賞後のこのなんとも言えない気持ちをどこへ持って行ったらいいものか。未見の人には覚悟の上観るよう忠告したい。
>|