藁の楯のネタバレレビュー・内容・結末

「藁の楯」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とても惹き込まれるいい作品でした!

凶悪犯を殺せば10億円をもらえる。

この状況になった時の人間の怖さたるや…
警察、医者までも移送中の犯人を殺そうとしてくる恐ろしさ。

自分だったら…と
移送のSP側の考え、殺す側の考え
両方の目線に立って考えてしまうそんな作品だった。

にしても新幹線での移送は初めから乗客下ろすべきだっただろう!と激しくツッコミを入れながら見てしまったww
カスの藤原竜也が自分を殺さんとする日本国民全員から大沢たかおに守ってもらう話。
藤原竜也がとにかくカスすぎるしカス。なんやねんあいつ。
口の中に銃突っ込まれながらそれでもなお挑発するシーンは圧巻の演技力だった。
でも個人的にそれ以上の見所がなかった。藤原竜也がピーク。
予告見て

引きつけられる、見入る感じはそこそこでした

松嶋菜々子の死に方が呆気なさすぎて驚いた

藤原竜也の胸糞悪い犯罪者っぷり、結末の締めくくりにも妥当な感じがしました

現代の異常犯罪などにも当てはまるんじゃないかな…
お金の為か、職務を貫くか…
お金が全てではなく、許せる人になりたいです
ハラハラした!
でも、あまり納得はいかないというか、
大切な人を同じような人に殺された挙げ句、自分の部下まで殺され、更に反省の色も見せずバカにする奴を、そのままにしていられるのか??

周りの多くの人間が巻き込まれ、苦しみ、命を懸けてまで守る価値のあることなのか??ともどかしかった。

正しいことを貫くことだけが正義じゃないって思ってしまったなぁ。
藤原竜也の演技力に脱帽です。
どんでん返しが少なかったなぁ、いい人たちがみんな死んでしまった印象。
大沢たかおが生きていたのがまだ救いでした。
うんうんわかるよ、藤原竜也が実はいい人ってパターンだよね〜〜って思ってのに生粋のやな奴だった。だとしたらなにを期待して見たらよかったの?
オチがイマイチな気がした。あまりどんでん返しがなかった
狂ってる部分がよく描かれていた

最後はぐだってる印象
幼女連続殺人犯が逮捕される。護送の任務を請け負ったSPの主人公たちだが、被害者の遺族の老人が「犯人を殺害したら10億円の懸賞金を支払う」と公表したことで、日本中の金目当ての一般市民から命を狙われるお話。

まず、いくら10億貰えるからといっても、こんなに多くの人間が犯人狙われないだろうという疑問が。自分を犯罪者になるわけだし。一応お金に困っていてやむなくという理由付けされてたけど、違和感は拭えなかった。日本では不可能なカーアクションを撮るために韓国ロケを決行したというだけあって、逃走劇の迫力は及第点。主人公が任務と倫理観の狭間で揺れ動く心理描写を真に迫っていた。犯人役の藤原竜也のクズっぷりが相変わらずすごい。後半、松嶋菜々子演じる敏腕SPが割と隙だらけで藤原竜也を放置してしまい、ホントに敏腕?とツッコミ入れてしまった。

原作はあのビーバップハイスクールの作者の小説デビュー作だそうで、こちらは評判いいようだ。
話の展開がわかりやすくてよい。被害者の遺族が犯人殺したら一億と賞金をつけてサイト立ち上げてみんな対護衛チームみたいなかんじ。仲間内でのちょとした探り合いとかハラハラ。三池崇史作品初触れだっけ…?原作未読だけどおもろい。ただ中盤若干ダレるか。最後おめぇ〜〜つれぇ
>|