まゆげ

君と歩く世界のまゆげのレビュー・感想・評価

君と歩く世界(2012年製作の映画)
3.2

ブルーレイ鑑賞。
ジャケット借りをしたのですが
このジャケットとの先入観と全然違いました(笑)

この男性、ダメ男。バツイチ子持ちなんですが、基本チャラ男の為自分の性欲と仕事優先。子どもの事は愛しているけど、情緒不安で子に手を上げてしまう。
母に逃げられた為、冒頭部分息子と二人ホームレス並の生活から始まる。
お姉さんの家に転がり込みホームレス回避。

一方、この女性もけっこうイケイケ。
シャチの調教師を仕事で、クラブで彼と出会う。その後事故で両足を失くしてしまう…

ここからがメインなのですが、二人ともドン底に立たされどうやって生きてくのかなと…

このタイトルは好きだし、合ってるなとも思いました。だけどじんわり感動するのですが、泣ける!という感じではないです。淡々と進み個人的には好きでした。

すごく映像美であったと思います。
カメラのアングルも独特な撮り方だなぁと。
大きい水槽の前でシャチの調教シーンは凄く綺麗で印象に残りました。