ストロベリーナイトの作品情報・感想・評価

「ストロベリーナイト」に投稿された感想・評価

桑田

桑田の感想・評価

5.0
前髪ちぎられとる丸山さんは桑田の癖です
Haruka823

Haruka823の感想・評価

3.0
ドラマがすごい好きで見てたから映画の展開はショックだったなぁ。もう続編はやらないのかな😅
原作読んでからの初見
すっかり誉田ワールドにハマってしまったよ
原作に忠実に作られてるって言いつつも
やっぱりギャップは感じてしまう
原作ありきの映画って映画見てから原作見たほうが楽しめるよね
小出君がやらかしたからDVDでしか見れないのが残念
三浦友和は流石の貫禄
金子ノブアキは下衆の役がよく似合う

後、井岡じゃないけど、姫川主任綺麗っす
katsumi

katsumiの感想・評価

3.0
鑑賞記録
Kanaria

Kanariaの感想・評価

2.3
ドラマにハマって、映画も観た記憶が...。
ドラマシリーズの方が好きです🤔
も

もの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

西島秀俊とくっついてほしかったんだよドラマの時から
暴力団の内輪揉め路線の連続殺人事件から、警視庁が隠したい9年前のある事件へ繋がり…
誉田哲也の姫川玲子シリーズの映画化。
原作「インビジブルレイン」

なんと言っても「雨」がポイントの本作
室内、屋外どちらも常に雨が降っている。
インビジブル=見えない
雨は犯人を隠し(比喩)
警察の隠蔽
牧田の心
菊田の心
そして姫川の心も隠す
また、姫川のサンルーフにあたる雨から自身に雨粒があたるシーンへの切り替えや、シャワー、傘をもたず濡れる等、多くのシーンで雨(水)に関する事が多い。
そんな中で唯一の晴天シーン。
姫川と菊田のツーショット。
セリフの持つ意味や重さとは裏腹な天気と菊田の笑顔。とても印象的。

事件の最後の和田一課長の締め方は、男ならずとも惚れるところだろう。
僕の周りでは西島秀俊の評価は良くないが、このシリーズの菊田役で少し上がるはず。
姫川が車で張り込み中、ラジオが流れ「ビクッ」となるシーンはパーソナリティーが大沢たかお(牧田役)のジェットストリーム

是非、スピンオフの「アフターザインビジブルレイン」とセットで観賞する事をオススメ。
>|